らーめん○源


らーめん○源

ジャンル
醤油

基本メニュー
醤油ラーメン(700円)

場所
浦安市北栄3-1-18

電話
047-380-9958

営業時間
11:30〜翌2:00(スープ切れで終了)

定休日
未定

アクセス
営団地下鉄東西線「浦安」駅南口下車。ロータリーを直進、やなぎ通りを左折。道沿い左側。


 ここのところ出店ラッシュの浦安に出来た新店である。ここは以前もラーメン屋(というか中華屋)であったが、未食のお店であった。よって今回のお店が前回と関係あるのかどうかは定かではないのだが、とりあえず新店ならばということで入ってみることにした。

 夜けっこう遅い時間にも関わらず、カウンターとテーブルで、およそ30ほどのキャパのうち半分以上は埋まっていた。とりあえずメニューに目をやるとラーメンや味噌ラーメンの文字。連れもいたので「ラーメン」「味噌ラーメン」(750円)、「ミニチャーシュー丼(だったと思う)」(300円)を注文することにしてみた。スタッフは初老の男性(ご主人だろうか)とおばちゃんが数名。あと若い男の店員がいた。実に平均年齢の高いスタッフで、華やかさはない代わりにきめ細かさがあるから個人的には好きである。この店もテーブルを片づけるのは早いし、水も新しいのに換えてくれたりと気配りがあった。

 だが、ラーメンは正直へこんだ。醤油の方は実におとなしい味わいで、飲んだ後に口中に貝の味がする。おそらくアサリかなにかの味わいだと思うが、この味を出すなら出すでガン!と行ってくれればいいものを、どうにも中途半端。一方の「味噌」も薄くなってしまった味噌汁のような味わいで、ちょっとがっかり。麺はむつみ屋などでもお馴染みの北海道の「さがみ屋製麺」を使用しているのだが、茹で加減もちょうどよく、麺は実によかった。それだけにつくづくラーメンは麺とスープのバランスなのだなと痛感する。接客というか店員さんの動きはよかったし、お店も綺麗だっただけに残念であった。

 あと「チャーシュー丼」だが、チャーシューとタレが絡まっていて旨いのだが、よく見ると生卵の白身だけがそれに絡めてあるのである。白身だけで黄身がないのだ!うぅむ、謎である。★★(Ricky)

2001.8.31