麺'sら.ぱしゃ千葉行徳店



外観(12.2.14)
塩ぱしゃ麺+味玉(12.2.14)

所在地 市川市行徳駅前2-3
電話 047-358-5515
営業時間 11:00〜翌1:30(LO)
定休日 なし
アクセス 東京メトロ東西線「行徳駅」下車。北側ポニーショッピングビル(ドン・キホーテ)1F。

大きな地図で見る

 2010年10月末のオープンながら足を運べずにいた宿題店。鹿児島鹿屋市に1999年創業したという店で、現在鹿児島県内に5店舗、宮崎、千葉、茨城に各1店舗ずつ出店しているようだ。ホームページなどを見るとFC募集などもしているようで、これらの店が直営なのかFCなのかは不明。千葉の店舗は駅前のドン・キホーテが入居している古い雑居ビルの中にあり、ドン・キホーテ店内からでも反対側の路面側からでも入ることが出来る。店内は細長いレイアウトで厨房に面したカウンターとテーブルなどで20席程度だろうか。

 メニューは「塩ぱしゃ麺」(680円)「醤油とんこつ麺」(680円)「塩カリー麺」(770円)「塩韮麺」(730円)などのラインナップで、鹿児島のお店だというのでてっきり豚骨なのかと思っていたが、清湯スープがメインのようだ。基本と思われる「塩ぱしゃ麺」を注文する。店内に「味付玉子10円」という今だけのキャンペーンが張られていたので玉子つきで。

 出て来たラーメンはすっきりとした見た目の塩ラーメン。スープは動物系の旨味というよりも昆布や野菜などの旨味が前に出ていてかなりライト。塩度が高めで若干カドも立っている味わいだ。そこに喜多方ラーメンを思わせるバラチャーシューが4枚と茹でたモヤシに梅干し。大葉も乗ると聞いていたのだが忘れられたか止めたのか。チャーシューが4枚乗っているのはこの価格ならお得なのではないかしら。梅干しは塩のスープに合っている素材だと思う。モヤシの上に乗っているフライドガーリックや胡麻がアクセントになっている。内モンゴル鹹水を使用しているというオリジナルの細ストレート麺は、麺線が細いので多く感じるが重量は150gと一般的なボリューム。ちょっと茹で加減が甘く柔めに感じた。

 清湯系の塩ラーメンという括りで捉えた時に、如何せん旨味に欠ける部分があって個人的には吸引力に欠ける一杯であった。しかし店の雰囲気は明るく良い感じで、スタッフの皆さんの明るい接客が心地よい。駅前で買い物ついでに立ち寄れるというのもアドバンテージと思う。(Ricky) Check

2012.2.14