らーめん好旨麺(閉店)


らーめん好旨麺

ジャンル
豚骨

基本メニュー
ラーメン(500円)

場所
千葉市中央区南町2-6-1

電話
043-266-2167

営業時間
11:00〜翌1:00
11:00〜24:00(日祝)

定休日
 

アクセス
JR内房線「蘇我」駅東口下車。ロータリーから末広街道へ出て「蘇我駅前」交差点を左折。道沿い右側。駐車場あり。


 約4ヶ月振りの再訪である。前回メニューを見た際に、まぁ色々とラーメンがあったことに驚き、これは再訪せねばなるまいと思っていたのである。この日はなかなかじめじめしていて蒸し暑かったので、思わずメニューの中にある「サラダラーメン」なる文字に思わず目が行ってしまった。奥様と思しき人にどんなラーメンか尋ねたところ「温かいラーメンの上にゴマ油で和えたレタスが乗っているんですよ」とのこと。冷やしラーメンではないようなので、一瞬止めようかと思ったが、それはそれで変わっていて楽しそうなので注文してみた。

 基本のスープは前回食した豚骨醤油。相変わらず粘度はあまりないものの、味わいは重くしっかりとしたスープだ。そして基本的な具材は通常のラーメンに乗っているモノとさほど変わらない。やはり注目すべきはレタスだろう。ゴマ油と醤油が絡めてある生レタス、考えるまでもなく普通に美味しい。そして温かいスープとの相性、これも別に悪くはない。乗ってなくても困らないけれど、乗ってたからといって困るもんでもない。そんなポジションのレタスである。食べやすさということを考えるなら、もう少し小さくカットしてあった方がいいのではないか、などとも一瞬頭をよぎるが、かといって別に食べづらいという程でもない。いやこれはこれでアリだな、と思わせる、普通に美味しいラーメンであった。

 まぁ、敢えて突っ込むならば、サラダラーメンという名前は違うかなぁ。レタスラーメンならばピッタリのラーメンであるとは思うのだけれど。いずれにしても際物でもなんでもない、美味しいラーメンなのでご安心下さい。(Ricky)

2005.6.27


 蘇我に出来た新店である。ここをよく通る方は川鉄病院近くにある「ぐるめラーメン」といえば、ピンとくるであろう。その跡地に出来たお店である。ぐるめラーメンは残念ながら未食のため、果たしてこの店が看板替えだけなのか、経営者が替わったのかは定かではない。しかし店の雰囲気というか、なんとなく新規で入ってきたように感じる。

 以前の店の印象も引きずっているのかも知れないが、申し訳ないが正直言ってそそらない外観なのである。美味しいラーメンを出す店のように思えない。しかし勇気を振り絞って入ってみるのである(大げさだな)。店はL字カウンターにテーブル席。マンガ雑誌が積まれている。うぅむ、やはり外したか。前客はゼロ。夫婦と思しき2人は厨房で腰をかけて休んでいた。うぅむ。メニューに目をやると「醤油味」「味噌味」「塩味」と豪華3ラインナップで、それぞれラーメンから始まりチャーシュー麺だネギラーメンだパーコー麺だとズラズラ並ぶ。うぅむ。そして変わり種ラーメンとしてカレーラーメンやらサラダラーメンなんかもあっちゃったりする。うぅむ、うぅむ。とりあえずうなだれつつも「ラーメン」(500円)をオーダーする。

 程なくしてラーメンが到着。おや?結構いい香りがするぞ。スープベースは白濁豚骨で、けっこうボディは重い。油分もしっかり入っていてスープを飲むと唇が多少べとつくほど。カエシは醤油の香りが活かされていて、ザ豚骨醤油、といったバランスだ。中太の麺も食感は悪くなく、スープとよく絡んでいる。そして具は厚めに切ってあるチャーシュー、数日寝かせたと思われる半熟味玉半個、メンマ、万能ネギ、大判のノリ。これで500円、はっきり言って安い。そしてそこそこうまい。最初の期待値が低かったからかも知れないが、深夜までやっていてこの値段でこの味、文句のつけようがないだろう。このラーメンに500円という価格をつけた、その心意気が偉い。

 店主夫妻?の接客、愛想も悪くない。後から来たお客さんたちは常連さんなのだろうか、「味噌ネギチャーシュー」「醤油パーコー」などと難しいラーメンをいともあっさりと注文していく。うぅむ、うぅむ。今度は味噌を食べに来なければならぬ。(Ricky)

2005.3.7