ラーメン・はっ!これはっ!!【閉店】


ラーメン・はっ!これはっ!!【閉店】

ジャンル
醤油

基本メニュー
あっさり醤油ラーメン(500円)

場所
八千代市上高野221-3

電話
047-482-5155

営業時間
11:30〜14:00,17:00〜23:30

定休日
月(祝の場合は翌休)

アクセス
東関東自動車道「千葉北」インター下車。国道16号線を柏方面へ(内回り)。宮内交差点を右折し直進。道沿い左側。千葉英和高校先、セントマーガレット病院向かい。店裏手に駐車場あり。


 創作メニューが数多く並ぶこのお店。これはやはりCW限定をお願いしなければならないでしょう、ということで今回「夏野菜ラーメン」の創作をお願いしたところ快諾していただいた。取材に立ち会えなかったこともあって、この日食べに行ってみたのだが残念ながら完売とのこと。ん?限定杯数ナシじゃなかったか?しかし閉店間際、夜の11時過ぎに行く俺が悪いのか(^^;

 というわけで気を取り直して夏の新メニュー「はっ!これはっ!!冷し!!」(780円)なる新種を発見したのでそれをオーダー。これ、「冷しっ!!」ではなくて「冷し!!」なのですね。出てきたモノはパッと見はサラダラーメンのよう。たくさんレタスが敷かれていて、その上に麺が盛られ、さらにその上には函館名物(と書いてあった)「イカオクラ」と刻み海苔が乗っている。これらを適当にかき混ぜて食べると、イカオクラ&刻み海苔の和のテイストと、レタスとの相性が思ったよりも悪くない。そして麺の底にはいわゆるオーソドックスな冷やし中華のタレがあって、さらに皿の脇に添えられた練り和辛子なんかも混ぜちゃったりしたら、和洋中折衷の渾然一体となった食べ物が目の前に存在することとなる。しかしながら、思ったよりも普通に美味しくまとまっていて、夏らしくサッパリと食べられてしまうのは、この冷たさとレタスのシャキシャキ感、そして冷やし中華のタレのおかげだろうか。

 T氏のレポにあった「エビスパ」もいただいたが、普通にパスタ。いわゆるパスタ専門店で出てくるようなモノではなく、喫茶店かなんかのメニューにあるパスタ。T氏は「量に関しては普通」などと曰っていたが、申し訳ないけどあの量は一般人には多い(爆)というかパスタとしての量の範疇で考えると1.5盛りくらいだろうか。しかもソースが上にかかっているといったパスタではなく、完全に絡めちゃってる系(ナポリタンチック)なので、この量だと後半戦に飽きが来る。ちなみに問題のパスタ第2弾「キノコとクリームのパスタ」も食べてみた。これもまた普通にパスタ。感想は上記エビスパと全く一緒。この2品は正直この店らしくない。今からでも遅くないからスパゲティを使わずにラーメンの麺でこの2品を作ってみてはどうか。そちらの方が明らかにオリジナリティがあって、存在感があると思う。それこそ「はっ!」となると思うのだけれど。(Ricky)

2005.7.13


 今日はメニューに人気ナンバー1と書かれている「エビスパ」を頼みました。 メニューには「辛さがくせになる!ラーメン屋なのにパスタが人気ナンバー1!!経営者もはっ!これはっ!!辛さもプラスできるよ!」 というインパクトのある謳い文句が書かれています。 パスタ風のラーメンなのかな〜?という期待を込めて頼んでみたところ「パスタですけどいいですか?」と言われました。 やっぱりパスタみたいですね。

 で、出てきたものはやはりパスタでした(笑)しかもサラダつきです。 エビとキノコが沢山入ったトマトパスタでした。 味に関しては詳しくないので何ともいえないですが、ちょっぴり辛くてトマトがいい味を出していて普通に美味しかったです。 量に関しては普通の量だと思いますがエビとキノコは多めだと思います。 謳い文句にも書かれているように辛くしたい人は注文時に言えば辛くすることができます。あと食後にアンニンプリンを食べました。 あっさりとしていますがクリーミーで美味しかったです。 上にはストロベリーのソースがかかっていました。

 エビスパが大好評?なので、パスタ第2弾として「キノコとクリームのパスタ」というメニューが新登場していました。 あと今まで気づかなかったのですが「はっ!これはっ!!丼」というメニューがあるみたいです。 (T)

2005.7.2


 このお店はセントマーガレット病院の向こう側にあり、近くに千葉英和高校があります。駅から遠く、駐車場がありますので車で行く方がいいと思います。今日は1日限定30杯の「はっ!これはっ!!ラーメンマークII」(850円)というのが新たに登場していたのでまずマークIIを食べてみました。

 麺は中太で普通の麺でした。スープは野菜スープの塩味で、野菜の旨味が強めに出ていて優しい味わいで、後味すっきりで飲みやすいと思いました。このスープなら細麺の方が合うかもしれないと思いました。具はのり3枚、角煮2つ、白髪ネギ、インゲン、青ネギ、半熟玉子半身1個が乗っています。角煮はとろけるほどではないですが柔らかく、スープの味を邪魔しない程度の味つけでした。角煮の上に乗っている生姜をスープに入れたら、生姜が少し強めに出たスープになりました。強烈さはあまりないですが普通に美味しかったです。

 次に「はっ!これはっ!!ラーメン」(700円)を食べてみました。これを注文したときに店員さんに「洋風ですけどいいですか?」と聞かれ、ラーメンが出てきた時も「お待ちどうさま 洋風ラーメンです」と言われました。 どうやら本当の名前は「洋風ラーメン」というみたいです。(マークIIはマークIIと呼んでいました。)麺はマークIIと同じ麺でした。スープはトマトの旨味がでたスープで下のほうにトマトが沈んでいます。具はのり3枚、ふわふわ玉子、コーン、チーズが乗っていて、チーズを麺に絡ませて食べたらとても美味しかったです。ふわふわ玉子は中のほうが柔らかかったです。沈んでいるトマトが後半味に変化をつけてくれて美味しかったです。最後の方は溶けたチーズと沈んだコーンとトマトを一緒に食べましたがこれも美味しかったです。そんなわけで初代「はっ!これはっ!!ラーメン」のほうがインパクトがありました。

 他にも「スタミナミソラーメン」(800円)というラーメンがあって、 「モヤシ、白菜、ニラを炒めトッピング、生玉子、ゴマなど気の合う仲間と手を組んでパワーアップしたミソラーメン!! まあ、食べてミソ。」という説明書きが書かれていました。 人気?のエビスパと同じくらい気になりました(笑)(T)

2005.5.14


 昨年秋に情報をいただいて以来、宿題店リストに入っていながら行けずにいたお店である。ここ最近また会議室への書き込みが相次ぎ、その中でもやしさんのレポに「トマトスープラーメン」という情報があって、「トマトずくし」にはまった男としては、無視するわけにはいかない、ということになったのである。

 しかし、会議室の情報によれば、店名は「えっ!これはっ!!」というらしい。そんな店名あるわけないだろ?と思いつつお店まで行ってみたら、やはり会議室への投稿に書かれていた店名は誤報であった。正しい名前は「ラーメン・はっ!これはっ!!」である(爆)。えっ!というのと、はっ!というのは随分違う(笑)。しかもラーメンの後にナカグロが入るのが正しい。ま、はっ!でもへっ!でもなんでもいいんだけどさ、ラーメンが美味ければそれで(殴打)。

 初めてのお店では基本のラーメンを注文するのが、ラーメン道を歩むものの不文律となっているわけだが、やはり店名を冠しているラーメンはその店の自信作(もしくは全部乗せ)というのも、これまたやはりラーメン道を歩むものにとっては常識だったりするわけで、っていうか、やはりここはトマトスープラーメンだろ?ということで、「はっ!これはっ!!ラーメン」(700円)を注文する。

 店内はなかなか不思議な作りになっていて、背の低いパーティションで各テーブルが区切ってある。その一角にはまるでマンガ喫茶のように、マンガの単行本がずらっと並んでいる。「こち亀」を読みながらラーメンが来るのを待つ。フロアの女性店員さんの動きや接客がなかなかよい。

 程なくしてラーメン到着。メニューに書かれている説明書きを読むとこう書かれている。まずキャッチはこうだ。「中華じゃない!!なんと洋風ラーメン!!」そして本文。「特製トマトソースにふわふわ玉子、チーズ、のり、コーンがトッピング!!辛いけど、まいう〜、大人気です!」「え〜?ラーメンが洋風?トマトソース〜?って思うけど、食べてみたら、はっ!これはっ!!」だもの。食べてみたら、はっ!これはっ!!ですよ。謎の店名の鍵は、このラーメンが握っていることは間違いないわけだ。

 麺は中細縮れ麺で、一般的な中華麺の類。スープは正に洋風で、コンソメというかブイヨン使ってます的な、そしてトマトの味わいがする、簡単にいえば薄目のミネストローネである。だから普通に旨い。もちろんスープの底にはトマトが転がっている。そして意外に有効なのが「ふわふわ玉子」。これがホントにふわふわしていて、味もトマトスープと合っていて飽きさせない。とろけるチーズも麺と絡んで美味しい。

 ラーメンとしてどうこう言うまい。これフツーに食べ物として美味いですよ。結局のところ「食べてみたらはっ!これはっ!!もしかしてラーメンじゃないのでは!」みたいなオチでしょうか?(爆)衝撃度が低いのは、やはり「トマトずくし」の後だからか。順序が逆だったらもっと感動しただろうに。

 ちなみにメニューには「私たちは北海道函館から来ました」などという、聞き捨てならぬ文言も書かれていて、他にも「ラーメン屋なのにパスタが人気ナンバー1!!経営者もはっ!これはっ!!」(爆)という「エビスパ」なるメニューもありましたぜ。これは再訪必至。(Ricky)

2005.4.8


 私も本日行って参りました。「追加メニュー」があり、店名を冠した「はっ!これはっ!!ラーメン」をオーダーしました。それは「洋風ラーメン」と称した「トマトスープラーメン」でした。麺の上には「玉子焼き(オムレツ?)」がドーンと乗っかっていて、「海苔3枚」「コーン」「とろけるチーズ」が添えられていました。

 やはり比べてしまいましたよ、「トマトずくしラーメン」と(笑)。「トマトずくしラーメン」は当然ズバ抜けちゃってますが、それよりも普通にトマトラーメンを仕上げたら「はっ!これはっ!!ラーメン」に辿り着くのかなぁと言った仕上がりです。でもこれはこれでトマトたっぷりの旨み溢れる一品でした。私はこちらの方がしつこくなくて好きですね。(もやし)

2005.4.5


 地域コミュニテイ紙に割引券付で紹介されていたのもあって、土曜日の昼頃に子連れで行ってみました。

 地域紙にあった「野菜で取ったスープ」に期待して30食/日のマークIIを注文。13時過ぎ頃の入店で6人席(座敷2、テーブル3)4人席2が満席でそこそこの繁盛振り。テーブルも広く、各テーブルは間仕切りで区切られているので子連れには嬉しい限りです。満席の状態でも割と早くマークIIが到着、見た目のインパクトも充分、期待の野菜ベースのスープも函館塩のような印象でさっぱり目。

 英和高校が近かったり、夜は酒類を出す事もあってか全体的に塩味はちょっと強めのようです。角煮はばら肉をそのまま煮込んだものが2本、白髪ねぎ、モロヘイヤ、これで850円。みそラーメンは標準的な見た目でもやし、バラチャーシューなどが入っていました。

 店裏側に駐車場もあり、車の人ならR16外回りの外食不毛のこの地では使えるお店ではないでしょうか?(うめ)

2005.3.27


 上高野にあるセントマーガレット病院の道路を挟んだ反対側に、表題のラーメン店がオープンしました。場所は国道16号線を柏方面に行き、宮内交差点を右折、300mぐらい行った、道路沿い左側です。目の前がセントマーガレット病院ですのですぐに分かります。

 営業時間は「11:30〜14:00,17:00〜深夜」となっていました。店内はとても広く、何卓ぐらいあるのかはわかりませんでした。メニューは、「あっさり醤油」(500円)「こってり醤油」(600円)「しお」(600円)「みそ」(650円)に分類されていました。麺類はその他に「広東麺」「焼きそば」「ソース焼きそば」「えび焼きそば」がありました。トッピングとしては、チャーシュー、のり、メンマ、ねぎ、炒めねぎ、味玉、生卵、コーン、バターとなっていました。チャーハンや、チャーシュー丼などのご飯類、餃子をはじめとする一品料理や、酒類の設定もおおくあり、飲み屋としても使えそうでした。

 初めての店なので基本の「あっさり醤油」にしようかと思いましたが、塩好きな私としては「塩らーめん」を頼みました。注文してから2,3分で到着。チャーシュー、のりが一枚とメンマ、ねぎと茹でたさやえんどうがのっていました。味の方は具体的なことは言えませんが、鳥ガラベースのとてもあっさりしたものでした。多少、にんにくの風味がしました。

 今度は醤油を食べてみたいと思いました。周りにラーメン店がまったく無い地域ですが、今後楽しみな新店です。(ら〜めん信者)

2004.10.29