拉麺店情報

旭川ラーメン好【移転】


旭川ラーメン好【移転】

ジャンル
旭川

基本メニュー
正油ラーメン(700円)

場所
市川市市川3-27-24

電話
047-322-7650

営業時間
12:30〜15:00,18:45〜24:00

定休日
月(祝の場合は営業、翌火昼休)

アクセス
京成線「国府台」駅下車すぐ。


 旭川ラーメン好で醤油を食べましたが、とてもおいしかったです。まず魚介系の味がとてもマイルドに出ていました。それでいてうまく味が表現されているのは見事というしかありません。スープに天日えびを使用してるそうで、それが独特の甘みをだしています。またチャーシュウもよく味がしみていて非常にうまく、とても満足した一杯です。最近食べた一杯では久々に感動しました。今度は塩に挑戦します。(Tosi)

2001.6.22


 今日は午前両国、午後国府台でクライアントとの打ち合わせがあったので朝から悩んでいました。平井で途中下車してひごもんずへもう一度行こうか、それとも国府台の好に行くか。。。(そんな事で朝から悩むな!)結局行ったことのない好へ行くことにしました。私達が行ったのはちょうど「いいとも」で女装やっている時。夫婦と男性一人のお客様がすでに座っておりました。塩好きの私は「旭川といえば醤油だよなぁ・・・」と思いながら、オススメは塩という張り紙を見つけ、それなら!と塩ラーメンを注文しました。

 ここのご主人、作っているという動作が不思議だったんです。一杯のラーメンにこん身の念をおくるというか、まるで女性が子供を産む時のように(笑)何をするときも深呼吸している風に見えて、をを!凄い気合い!と感じました(このときだけだったのかなぁ。いつもそう?)見方を変えれば、段取りがスムーズじゃなくて、不器用。。。(笑)湯切りを平ざるでするという点はブラボォ!

 客の人数に比べたら少し待ったかなと思いましたが一気に5〜6人前も作る店より、1度に2〜3杯が限度という店の方が信用しちゃうので気にならず、お待たせ、塩ラーメンが到着。スープ。。どろっとした濃厚なスープ。魚のダシが効いている。けして生臭くなく調和しているように思えました。それにしても塩らしくない塩ラーメン。でも塩なんだなぁ、というラーメン。私は気に入りました。濃厚なのに結構さっぱりしていて、麺はゆで方も固めで歯ごたえも楽しめ縮れにスープがよく絡んでいたという感じで相性◎。ワカメ、キクラゲと私の大好きな具も入り、チャーシューも適度な厚さのものが1枚ではなかったのでびっくり。美味しかったです。ただ、連れの男性、さらにこの後行った先のクライアントの男性は共にあまり好きではないとのこと。(連れの男性は味噌を食した)

 私は本場で北海道ラーメン(醤油、塩、味噌共)食べた事がないので何とも言えないのですが、好のラーメンが本場の味っぽいのか、それとも好の方が個性的ラーメンなのか...いずれにせよ千葉は私が幼少の頃から「どさん娘」や「くるまや」によって北海道系ラーメンはこうよ、的洗脳を受けてしまっているような気がして、こういう好のような味が邪道と思っている人も少なくないのかなぁ。。。と改めて感じてしまったのでした。ここはいっちょ、うちの亭主を連れて食べさせてみるか。。私よりうるさいけん。(おだまり)

2000.6.23


 気になったので行ってきました。待つこと20分、満席だったけどちょっと時間がかかりすぎかなと思いました。味の方は絶品、とても美味しかったです。胡椒の苦手な私は、最初からかかっているちょっと残念。時間がかかるから、こんなに美味しいラーメンが出来るのではと納得しています。今まで食べた、いろいろなラーメンの中でも上位にランクする位でした。これも、ハンドル(KOO)のおかげかな。(^-^)。(KOO)

2000.4.12


 ここ最近の伝言板の書き込みで、好の味が変わったとか…。早速確認へいってみた。時間は閉店間際ということもあって、客は全部で3名と少ない。書き込みでは日曜日など店主が収集がつかずに混乱しているということなので、今日は全然人がいないので期待できそうである。

 結論としては、美味しい旭川ラーメンを堪能できた。個人的には「蜂屋@ラ博」のどぎつさの方が好みだが、旭龍系のこの店の独特な味も美味。醤油と塩を頼んだが、塩の方がより濃厚に丸干しの味を味わえる。麺は山加加藤ラーメンの麺を使用。そして胡椒が最初からラーメンにかかっている。これは少し残念だと思っている。やはりまずは普通の状態のスープを飲んでみたいものである。塩の方は余計胡椒の味が出てしまうので、醤油よりも辛く感じてしまう。美味しいスープだけにまずはデフォで食したいところである。

 おそらく、書き込みにもあるように、混んでしまうことによって店主が応対しきれず、雑な作業になってしまうのではないか。今の時点では行くなら平日の夜などの比較的空いている時間がよいだろう。今後休日だけでも店員を雇うなどすれば、店主も美味しいラーメン作りに専念出来るだろう。ここが正念場かもしれない。(Ricky)

2000.3.14


 TV東京のぶらり各駅停車の旅の様に、京成の各駅停車でぶらりとゆられ国府台駅へ。改札を出て左へ30mしたところに行列が。もしやと思うと、まさに目指していたラーメン屋「好」であった。5,6人が店の前に並び、店の中にも5,6人人が並んでいるようだ。店はカウンターのみで約10席。休日と言うこともあり、カップル、子連れがほとんどで回転が悪い。カップルは二人並ばないとラーメンが食べられないみたいだし、子供は食べるの遅いし、ちょっといらいらになるが、何を注文しようかと考えているうちに順番が回ってきた。

 この店は旭川ラーメンの店なので醤油を注文しようと思ったのだが、塩ラーメンの方が値段が上なので、
思わず塩ラーメンを注文。何でも、とんこつと広島産アジの丸干しを11時間煮込、且つ塩にもこだわっているとのこと。待つこと10分、塩ラーメン登場。レンゲにスープをすくい、口元へ。魚くさいにおいが鼻をかすめ、スープが口の中へ。ちょっとこってりしたところは豚骨なのでしょうが、口の中では、お魚さんが踊っている。もう一杯口へ運ぶと、魚のにおいには慣れ、口の中で、とんこつのまったりさと、アジの丸干しのハーモニーを楽しむ事が出来る。いい仕事してます。とても美味いスープです。麺は加藤製麺を使用しておりスープとの相性はばっちり。厨房では店主1人が丹念に作っており、お客の子供にも笑顔を向け、とても気持ちが良い。納得のいく味と天気の良さで、近くの江戸川を散歩してから帰路へついた。(M田)

2000.2.27