麺屋空海海浜幕張店

外観(08.3.19)

支那そば塩(08.3.19)

餃子(08.3.19)

基本メニュー 支那そば塩(800円)
所在地 千葉市美浜区ひび野1-9
スーク海浜幕張1F
電話 043-276-8797
営業時間 11:00〜23:00(LO22:30)
定休日 なし
アクセス JR京葉線「海浜幕張」駅北口下車。駅前ロータリー内「スーク海浜幕張」1F。駐車場あり。

 FC展開を始めてからは随分と出店ペースが上がっている、参宮橋の人気店「麺屋空海」の県内4号店である。JR京葉線海浜幕張駅北口に今月18日にオープンした複合テナントビル「スーク海浜幕張」の1Fに出来た。ちなみにこの建物の至近には今月末に「あうね海浜幕張」もオープン予定である。このスークというビルは特殊な構造をしていて、1階部分のテナントはビルの中からではなく、すべて路面から入ることとなる。この「空海」も駅から見たらビルの左側、セブンイレブンの並びから入る形となる。全てのフロアの中でおそらく一番小さいスペースを使っていて、カウンター席とテーブル席が狭い店内に効率よくレイアウトされている。お洒落な空間のイメージは相変わらず。

 メニューは他の店と変わらないと思う。オーダーは券売機で食券を購入する形になっている。「支那そば」(800円)「とんこつらーめん」(800円)「特製つけ麺」(880円)など。注文したのは「支那そば」。塩と醤油から選ぶことが出来るが、この店の基本メニューは塩なので塩で。骨を事前にローストしてからスープを取る手法は、フレンチのフォンを取る技術を応用している。塩にはゲランド塩を使用するなど、フレンチをラーメンに応用したという蘊蓄や仕掛けがあちらこちらに感じられる。スープは透明感があるものの物足りなさはなく味わい深い。ちょっと塩分が高く感じたのは気のせいだろうか。麺は内モンゴル産天然かん水を使用した自家製中細縮れ麺でスープとの相性はいい。注文を受けてから炙るチャーシューはそこそこ厚みもあり香ばしく美味しい。オープン初日にしてはホールのスタッフも頑張っていたと思う。元気もあって良かった。

 もう完成されたパッケージなので今さらどうこうはないのだが、敢えて言えばポーションが小さく値段が高いという印象を感じてしまうラーメンではある。この店に関してはそれが常に惜しいと思うのだが、これで良しとする市場のニーズがあるからこそ多くの支店が出来ているわけだからこれでいいのだ、きっと。(Ricky)

2008.3.19