拉麺店情報

幸福軒おゆみ野店【閉店】


幸福軒おゆみ野店【閉店】

ジャンル
豚骨(幸福軒支店)

基本メニュー
幸福ラーメン(600円)

場所
千葉市中央区生実町2524-1

電話
 

営業時間
11:30〜14:30,17:30〜21:00

定休日
火(祝の場合は営業)

アクセス
京成千原線「学園前」駅下車。大通りを左折、新谷橋を通り京葉道路蘇我インター方面へ。通り沿い右側。セブンイレブン手前。くるまやラーメン向かい。


 限定ラーメン「夏の陣」。つけ麺というと、なんとなく醤油系、煮干し系、というイメージか、もしくは中華チックなお店というイメージが私の中で強かったので、今回は豚骨系のお店にぜひやって頂きたかったんです。そこで小黒さんに相談したら、「千葉中央は厨房も狭いので無理ですが、おゆみ野だったら出来ると思います」とのお答えを頂いて実現が可能になった。

 そのつけ麺はこちらの期待を遙かに越える出来に仕上がっていた。「幸せつけめん」という名のつけ麺は、一瞬麺に添えられた彩りある具材に目が行くが、本質はつけダレにある。魚系と白濁豚骨を合わせたスープなのだが、バランスがよいのだ。豚骨のスープがメインで座っていて、いい具合に魚ダシがアクセントになっている印象。当然つけダレなので、塩分は強く、そのまま飲めたものではないが、この方向性の普通のラーメンがあっても面白い、と思わせる味わいであった。

 もちろん具も凝っていて面白い。ラフティ(角煮)はもちろん、味付玉子やキクラゲなど幸福軒の人気トッピングをあしらった、中でも秀逸なのがラフティの汁で作ったというジュレ。そのまま麺と食べてもよし、つけダレに入れてもよし。夏らしさを実感させる具だ。★★★★(Ricky)

2002.7.12


 というわけで、開店後5日目の幸福軒@おゆみ野である。この日は夜の部へ顔を出してみた。テーブル席は家族連れで埋まり、カウンターもぼちぼち入っている。まずまずの動きではないだろうか。店主小黒氏もとりあえず一安心といった様子であった。

 この日は「味玉幸福」を頼んでみた。初日に感じたスープの弱さは大分軽減されているものの、いまだパンチに欠ける部分は否めない。しかし遅い時間だったからか、前回よりも深さは感じなくはなかった。最近は本店にも顔を出していなかったので何とも判断しがたいが、もう少しとろみもあったような。コラーゲンの膜が張っていたこともあったのに、ここではそれがないのである。普通に旨い豚骨ラーメンなのだが、もう一押し欲しい。★★★(Ricky)

2002.3.29


 以前からおゆみ野の方に出せたらいいな、と話していた小黒氏の言葉が現実のものになった。いよいよ千葉中央の「幸福軒」の2軒目がオープン、開店日にお祝いがてら早速伺った。

 場所は京葉道路蘇我インターからおゆみ野へ抜けるメインストリート沿い。以前中野家、今林家がある通りと言えばお分かりの方も多いだろう。駅としては京成千原線(旧千葉急行線)の「学園前」になる。チラシをポスティングした効果だろうか、開店前から60名程のお客さんが詰めかけていた。早くも行列が出来て、周囲の人や道行く人が興味を示している様子。この日は店主小黒氏と奥様、そしてこのおゆみ野店を任された店長後藤氏、他に2名の総勢5名のスタッフが開店の準備にあたっていた。

 小黒氏曰く「子供連れの方にも配慮しました」という店内は、カウンター13席にテーブル4席が3つ、合計25席のキャパ。当初オペレーション的にテーブルはどうしたものか考えたそうだが、この立地で家族連れが多いということからもテーブル席は必須、この選択は正しかったように思う。テーブルの周りは広めに作られており、ベビーカーも入りやすい。ただそこまでこだわったのならば、テーブル席の椅子はカウンター同様の丸太タイプではない方が、子供達には座りがいいのではなかったかなぁ。

 注文は本店同様食券方式、BGMはビートルズ、店内には玩具なども置かれて、雰囲気は千葉中央そのままである。道に面している部分が大きくなったので、店内はかなり明るい印象。店長の後藤氏がラーメンを厨房で作り、店主小黒氏はフロアの接客に回っている。私は「幸福ラーメン+ラフティご飯(Aセット)」に「なんこつ」をトッピングした。開店時のオペレーションとしては、皆さんいっぱいいっぱいだったのと、役割分担があいまいだったため、お客さんが右往左往する部分は多少見られたものの、大した混乱もなく無難な滑り出し。

 程なくして出てきたラーメンは、スープがまだ若干弱く寸胴に馴染んでいないのか、コクや深みに欠いたスープであった。またスープの温度も低かったのは残念。ラフティも柔らかさがなく固くなっていた。これは今後改良というか、こなれていく部分であろう。また裏メニュー(?)の「なんこつ」は逆に妙に柔らかすぎて、個人的には合わなかった。もう少し軟骨の部分に歯ごたえがある方が私は好みである。

 いずれにしてもこれからは日曜日にも幸福軒が食べられる、しかもおゆみ野で。定点観測リストの仲間入りは間違いなさそうだ。今後に期待出来る新店である。★★★(Ricky)

2002.3.24