麺場蔵出し味噌喜久屋

外観(07.4.10)

信州味噌らーめん(07.4.10)

基本メニュー 信州味噌らーめん(600円)
所在地 千葉市中央区寒川町2-200-1
電話 043-308-3125
営業時間 11:00〜23:00
11:00〜22:30(日祝)
定休日 なし
アクセス

JR内房線「本千葉」駅下車。国道357号線を左折し直進、寒川町2丁目交差点そば。駐車場あり。

蘇我駅西口よりハーバーシティ蘇我無料巡回バスで「フェスティバルウォーク前」下車。国道357号線方面へ。

 国道357線沿い、ハーバーシティ蘇我の近くに出来た店である。大きな味噌樽の看板といい、店名といい、メニュー構成といい、若葉区小倉台にある「味噌屋庄助」を手掛ける「トライ」のプロデュース店である。ちなみに県内では「味噌屋庄助」(小倉台)「麺場田所商店」(行徳)が直営店で、プロデュース店には「麺や隆弦」(船橋)「麺屋馬琴」(鴨川)などがあり、やや濃口の「信州味噌」に辛めの濃口「北海道味噌」、甘めの「九州麦味噌」という3種がある基本的なメニュー構成も一緒である。

 基本メニューの「信州味噌らーめん」(600円)は、白味噌をベースにして若干の辛味がついたあっさりタイプの味噌ラーメン。米味噌の甘さが活きている味わいは万人受けするだろう。揚げネギや挽き肉などが乗っていて、いいアクセントになっている。麺は中太のやや縮れ麺でスープとの絡みもいい。このインプレッションは当然だが他の系列店とあまり変わることはない。

 ありそうでない味噌専門の店というコンセプトは分かりやすく、色々な味噌ラーメンを食べられる楽しさもあるので、ラーメン好きには物足りない店かも知れないが、一般のお客さんには受ける店だと思う。ただホールスタッフなりキッチンスタッフの数が少ないのか、混雑時の回転が若干悪く感じた。(Ricky)

2007.4.10