中華そば清丸

外観(02.6.16)

中華そば中間味玉(02.6.16)

塩ラーメン(07.3.23)

基本メニュー 中華そば(600円)
所在地 船橋市東船橋4-19-28
電話 なし
営業時間 11:00〜15:00,17:00〜21:00
定休日
アクセス JR総武線「東船橋駅」南口下車。県道8号中野木交差点そば。

 帰宅途中に中野木の交差点を通ったら清丸@東船橋の看板が点灯していた。店の前まで行って見ると営業中の看板があったので、恐る恐る店内に入った。

 店内の様子は殆ど変らず前のまんまの様子でしたが、入口が間口の左側になっていた事と、入ってすぐ左側に券売機があった事が違う所でしょうか?聞いて見ると、日曜日から再オープンしていたそうです。体調不良の前店主に代わり友人である店主が後を託された、と言う事らしい。

 「塩ラーメン」以前のがんこ系ラーメンに似せようとする努力が伺える。 スープも麺も普通に美味しいです。 も少し化調を抑え目の方が良いと思うけど・・・。醤油も以前のように、あっさり・こってり・合わせなどの選択肢が可能だそうで、頑張って頂きたい。(ももちち)

2007.3.23

 実は自分はこれまで「がんこ○○代目〜」という名前のお店には行ったことがなかった。というのも非常にしょっぱいようなことが書かれていたため、敬遠していたのである。しかし、この「中華そば清丸」はしょっぱさはそれほどでもないとのことであり、かつ「元祖一条流がんこ十五代目」出身のお店であるようだ。ということで東船橋の中野木交差点にある清丸へ車を走らせた。

 しょうゆラーメンの「こってり」を注文。出てきたラーメンは背脂が表面に浮いていて見た感じもよい。スープを飲んだが期待以上に満足できる旨いスープだ。麺も細麺でこのスープによく合っており、茹で加減も丁度よかった。チャーシュウもよい味わいがして文句はない。連れは「中間(こってりとあっさりの中間という意味だと思う)」を頼んだので、そちらのスープも味わうことができたが、こってりと中間の違いは背脂の量の差であり、同様に旨いスープであった。

 ここの味は「やぶれかぶれ」のしょうゆこってりに通じるものがあると直ぐ感じたが、やぶれかぶれのご主人が一条氏に師事していたから当たり前のこと。ここよりしょっぱいがんことはどんな味なのか。そのためには行徳の「がんこ」に行かねばならん。

 店はご夫婦と思しきお二人で切り盛りされていたが、接客がよく、店内は非常に暖かい雰囲気である。帰る間際、奥さんに「お店の名前は「せいまる」ですか?」と尋ねたところ、「いえ、「きよまる」です」と言われた。また、音読み・訓読みを外してしまった。さらに一瞬の恥ずかしさから、お店に傘を忘れてしまった。(ちゃんちゃこ)

2004.9.25

 先ほど、清丸へ行って来ました。いただいたのは醤油あっさりと塩、これまで行ったがんこ系の中でも、最も塩分がひかえられているという印象ですが、これはこれでスープのうまみがストレートに感じられて○です。特に塩、かなり塩分抑えめで体に良さそうです(笑)むしろ素材の甘みさえ感じられます。そういうラーメンが好きな人にはいいかも知れないですね。

 でも、個人的には両方とももうちょっとしょっぱくてもいいかな〜(ゆあTea)

2002.6.20

 おさむさん他、情報を寄せて頂いたお店である。がんこの流れを汲む新店、と聞いて期待して出掛けたが、その期待は裏切られる事はなかった。がんこ十五代目出身だそうだが、十五代目と言えば、今は墨田区だが昔は市川市に店を出していた方。弟子が千葉へ凱旋した、というところか。

 場所は県道8号中野木交差点。車で動いている人なら知らない人がいない、渋滞の名所である。最近は立体交差が出来て大分緩和されてはいるが、それでも朝方や夕方は混む場所である。最寄り駅は東船橋ということになるのだろうが、結構歩くのは難儀である。このお店の数軒隣が「じゃんじゃん」交差点の斜向かいが「かいざん」である。

 店はU字型カウンターに15席。奥正面に厨房がある。店内に目をやると、確かに見覚えのある「牛の大腿骨」が。早速「中華そば(中間)」を注文する(あ、もちろん半熟玉子も)。おそらくご夫婦と思われるがにこやかに接客、なかなかいい雰囲気である。

 程なくしてラーメンが到着。まずチャーシューに目を奪われた。バラ肉ロールチャーシューなのだが、周囲の脂部分を丁寧にカットしてあり、綺麗な形に整えられている。スープはいわゆる「がんこ」の味わいだが、塩分はそれほど強くない、とは言っても普通のラーメンに較べるとやはり遙かに塩分は高い。千葉で言えば二十世紀が丘と行徳の中間くらいの塩分か。麺はいつものがんこの麺と変わらなかったので、おそらくサッポロめんフーズのモノと思われる。個人的にはあまりすきな麺ではないのだけど、がんこはこの食感でないと違う気がするなぁ。味付玉子もしっかり半熟で味もきちんとついていた。

 いやいや、これはもうしっかり「がんこ」。県内での選択肢が減ってしまった時の新店登場、よかったよかった。(Ricky)

2002.6.16

 中野木交差点の北東角、以前はアヤシゲな牛めし屋があった跡地に、ラーメン屋さん開店の情報です。中華そば「清丸」。本日食して参りましたが、こってり、中間、あっさりというメニュー構成、白無垢のどんぶりに黄色い細ちぢれ麺、店内を見渡すとなぜか大きな牛の大腿骨…。もしやと(というより確信をもって)尋ねたところ、果たして、がんこ十五代目の暖簾分けとのことでした。

 そういえばメニューには「塩バターラーメン」もありました。そうかあ、船橋にも「がんこ系」進出かあ(感慨)。

 お味のほうは、いわゆる「がんこ」よりは塩分が控えめに感じられました。一丁@船橋にも雰囲気が近いような印象…。もしよろしければ、一度お試しを!(ともぷう)

2002.6.12

 情報ありがとうございます☆食べにいかせていただきました。すごく接客のいいお店でした。場所的にちょっとわかりにくかったですね。

 感想はごく普通のラーメンです。しょうゆ、塩、塩バターラーメンとありましたトッピングで海苔、煮卵、チャーシューなどがあります。しょうゆ味は、こってり、普通、あっさりから選べます。

 店の人はしょうゆ普通タイプがお勧めでした。しょうゆ味はあっさり鶏がらのスープという感じで、背脂がチャッチャと乗ってます。塩ラーメンはもっとあっさりしてるのだそうですチャーシューもごく普通のものでしたよ。お客・・誰もいませんでした。(kobuta)

2002.6.7

 こんちわ。先日地元情報紙に6月4日オープンの中華そば 『清丸』 の記事が出てました。6月4、5、6日はオープン記念で全商品半額とのことです。

 メニューは 中華そば・・・600円 塩ラーメン・・・600円その他トッピング有り。自分も行ってみたいのですが、昼間仕事、夜W杯の毎日なので時間がありません。行った方いらしたら、レポお願いします。(おさむ)

2002.6.5