拉麺店情報

らぅめん極【閉店】


らぅめん極【閉店】

ジャンル
醤油

基本メニュー
極らぅめん(700円)

場所
市川市欠真間2-19-17

電話
047-307-0159

営業時間
11:30〜14:00,18:00〜24:00

定休日
月・第3火

アクセス
営団地下鉄東西線 「南行徳」駅下車。山側(県道6号方面)へ直進。県道6号を右折、県道沿い右側。ミスターバーベキュー向かい。


 こちらが夏期講習で身動きが取れなくなろうが、ダイエットでラーメンを控えようが、当然世の中はそんなことと関係なく動いているわけで、続々と新店の情報が入ってきて忸怩たる思いで会議室の投稿を日々見つめている今日この頃。ラーメン街道にまた新店、と聞いてうずうずしていた。しかも開店後yosiさんやROCKYさんなどのインプレッションを読み、更には東京在住のMきょ氏までもが「けっこう好みでした」などと宣う。これは行かねばなるまい!と出撃するも行列で断念、実は2度目の挑戦だったりする。

 街道沿いにひときわめだつ煌々とした店。木彫りの看板、大きな垂れ幕。更には浦安方面から車を走らせると、そのビルの上から垂らした「ふかひれらぅめん」の文字。早速白い暖簾をくぐり店内へ入ってみる。店はL字カウンター8席にテーブルは4人掛けと6人掛け。18席のキャパシティ。和のイメージは保ちつつ、壁はコンクリート打ちっ放し(と思ったらそういうフェイクの壁紙でしたが)。ちょっと洒落た居酒屋チックな雰囲気。券売機で注文をする。今回は皆さんの投稿で予備知識があったので(笑)「極らぅめん+味玉」「ざるらぅめんごま辛」(800円)を注文する。あ、もちろんデザートの「杏仁豆腐」も。

 それぞれのビジュアルは皆さんのレポと写真で見て頂くとして、印象だけを挙げれば、デフォルトの極らぅめんはスープがすっきりとしていて、なかなか飲みやすいものの、深みにちょっと欠けるかなという印象。名古屋コーチンを中心に約30種の素材を使ったスープ、という割にはもっと深みやパンチがあってもいいのかな。チャーシューは八角などで風味が付けてあり、面白い味わいであった。確かに分かりやすいのはざるらぅめんの方だろう。なかなかつけ汁が美味しく、麺も氷で冷やしているのはよかった。個人的にはこっちの方が好み。杏仁豆腐は量も手頃で価格も安く(100円)最後に食べるのに丁度いいかも。

 一つ気になったのは水。なんでも逆浸透浄水器を使用した、というからこの水はミネラルウォーターではなくピュアウォーターなのだろう。素材の旨さを引き出すのに最高の水とされているが、テーブルの水が今ひとつ美味しくなかったのである。無論ピュアウォーターなので、不純物がゼロということはカルキやゴミがないと同様にミネラルもないわけで、味は感じないはずなのだが妙な苦みを感じた。ピュアウォーターは何度も飲んだ事があるが、こんな味ではないと思うのだが。

 中華の出身なのだろうか、メニューや具材の処理の仕方などにそれを感じる。まだまだ引き出しがありそうで、なかなかのお店であることは間違いない。今後が楽しみなお店の登場だ。★★★(Ricky)

2002.8.4


 今月オープンした新店ですが、いわゆる市川市の「ラーメン激戦区」に出店され、すぐ何軒か先の並びには強豪「素影」があります。

 他の方のレポでも内装が豪華そうだとか、オーソドックスな醤油ラーメンだったとの事で、私自身そんなには期待はしておりませんでしたが、おもての看板に「こだわりの水」「フランスのゲランドの岩塩を使用した塩らうめん」「舌でとろける極上チャーシュー」等の文字を見ますと入店前に期待せずにはいられませんでした。7/27の午後6時半からの夜の部に家族3人でお店に入りました。先客4名でした。

 最初、家内はフカヒレらうめん(1,200円)を注文。私は岩塩らうめん(700円)を注文しました。出てきたフカヒレらうめんは小さな姿煮が麺の上にのっていましたが、まあそれ以外は普通の醤油ラーメンかなという所でした。岩塩らうめんの方はトッピングにとろけるチャーシュー、岩海苔、小松菜、煮玉子半分、シナチクがのっておりました。こちらでお使いになっている麺は普通の縮れ麺であまりインパクトがありませんでしたので、塩味も美味しい水を使った普通の塩味のラーメンの印象でした。

 3人とも(?)食べ終わってどうも納得が行きませんでしたので、メニューにつけ麺(醤油・味噌、各800円)がありましたので、夏バテ解消に効くと書いてあるつけ麺の味噌を頼みました。

 こちらも出てきた麺はらうめんの時と同じでしたが、まず器と盛り付けが凝っておりまして、トッピングが先程の岩塩らうめんの時にのっていたのにプラス、クコの実、クラッシュしたナッツ類がのっておりました。またつけダレも見た感じブツブツ、ドロドロしておりまして何か健康に良い物が沢山入ってそうでした。

 食べてみたらこのつけダレが非常に美味しかったです。ちょっとピリ辛系とメニューには書いてありますが、さほど辛くはありませんでした。逆に甘いマイルドさが際立っておりました。三つ食べた中では私もカミサンもつけ麺(味噌味)をお勧め致します。またアンニン豆腐(100円)がデザートでありましたが、こちらは美肌に良いとされる「白キクラゲ」も入っておりましてかなり本格的でお勧めです。

 最後にフランスの岩塩やナッツが入っている所は本八幡の某店を参考にされたのかなと思いますし、岩塩らうめんの出し方は江東区の某店を参考にされたのかなと個人的に勝手に感じました。よくご主人はらうめんを研究されていらっしゃると思います。今後の「進化」が楽しみな新店がまた市川市内に出来ました。(ROCKY)

2002.7.28


 行って参りました。オープンしたての「極」には、すでに先客が5人。基本の「極らうめん」を食べました。

 スープはいたってオーソドックスなしょうゆ味で、もう少し個性が出ているほうが楽しいと思いました。しかし、具は、とろとろと口の中でとろけるチャーシューや、シャキっとした小松菜、歯ざわりの良い岩のりなど、どれも個性的で、一つ一つにこだわりが感じられました。看板メニューの「フカヒレらうめん」にも期待が持てます。

 行徳ラーメン街道沿いなのですが、交通量の多い交差点に位置し、車を止めるところには少し困るかも知れません。近くにPもありませんし。そんな立地条件を感じさせない集客力を発揮できるかどうか、これから近所の人間として楽しみです。(yosi)

2002.7.15