金兵衛食堂

外観(05.11.19)

醤油ラーメン(05.11.19)

金兵衛食堂

ジャンル
醤油

基本メニュー
天麩羅ラーメン(700円)

場所
銚子市外川町3-10939

電話
0479-23-5385

営業時間
11:00〜19:00

定休日
火(祝は営業)

アクセス
銚子電鉄線「外川」駅下車。

 数年前、銚子で「天麩羅ラーメン」が食べられるという情報を頂いていて、放置プレイしていたのだがようやくの来訪。正直千葉市からだと銚子は都内はおろか、感覚的には横浜に行くよりも遠いイメージがあり(^^; ついつい後回しになってしまう傾向がある。住所表記の5桁数字も凄いが、古くからの漁師町でアップダウン激しく、細い石畳の路地が碁盤の目のように入り組んだ街並みも凄い。外川という町はかつてNHKの朝ドラ「澪つくし」でもロケ地になった場所で、かの銚子電鉄の終着駅でもある。

 そんな昔ながらの漁師町の中にあるのが「金兵衛食堂」という小さな食堂。普通の家の1階部分に取り敢えず暖簾がかかっていて、店内にはテーブルがかろうじて2つほど。というのも基本的にここらへんの人たちは皆出前でこの店を利用するのである。メニューに目をやると、中華そばに日本そば、うどんといわゆる食堂メニューが並ぶ。その中に確かに「天麩羅ラーメン」の文字が。他にお客さんがいないのでオーダー状況が分からないが、聞くところによればこの店は「ラーメン」類が人気なのだそう。もちろん「天麩羅ラーメン」(700円)を。

 程なくして問題の「天麩羅ラーメン」登場。まぁ出てきてすぐに理解したのだが、要は天麩羅そばや天麩羅うどんのラーメンバージョンなのだ。大きめの丼にはなみなみと熱々のスープが入っていて、そのスープはどことなくそばやうどんを連想させる甘めの味わい。表面には油も浮いていてそれなりに味わい深い。そしてそのスープを吸い込んだ衣たっぷりの大きなエビの天麩羅。あ、正確には大きなエビの天麩羅っていうよりも、エビの大きな天麩羅(笑)。なると2枚に刻みネギ、ノリ、メンマ。元々は地元の方がラーメンに天麩羅乗せてくれよ、というオーダーから生まれたのだそう。ジャンクでB級でなんだか嬉しくなってしまうラーメンであった。しかしこういうのってきっと山形などのお蕎麦屋さんでラーメン出してるところには普通にありそうだなぁ。(Ricky)

2005.11.19