とんこつらーめん木村家【閉店】


とんこつらーめん木村家【閉店】

ジャンル
豚骨醤油

基本メニュー
醤油ラーメン(550円)

場所
松戸市西馬橋3-2-2

電話
047-340-0823

営業時間
11:30〜24:00

定休日

アクセス
JR常磐線「馬橋」駅下車。ゆりの木通りを右折。道沿い左側。


 馬橋から新松戸にかけての「ゆりの木通り」に出来た新店。とは言っても柏で長年営業していた店が移転してきての開店である。またこの場所は色々なラーメン店が営業していた場所で、ほぼ居抜き状態で入っているようだ。柏時代は店の壁面に「横浜ラーメン」と謳っていたと記憶しているが、今回のお店にはその表記が消えていた。しかし赤地に勘亭流の白文字で抜かれた看板は吉村家に倣ったものであろうし、ラーメン自体のビジュアルも家系を想起させるものだ。

 店はテラス席が入口部分にあって、中もカウンターよりテーブル席の方が多いレイアウトになっている。注文は入口右側にある食券機で。厨房担当1名とフロア担当1名の2人体制。日曜の夜だったのだが、先客1後客0。食券機の上に掲げられたメニューには家系同様に味の調整について書かれていた。油の多さや味の濃さなどを自由に選べるとのこと。しかし食券回収時にその好みについては一切聞かれなかった。それって自分から申告しなきゃいけないってことなのかしら。メニューは醤油・塩・味噌・つけ麺と何でもござれで、もちろん醤油ラーメンをオーダーする。

 スープは豚骨ベースで濃度はさほど感じられないが、骨系のうま味は持っている。油に鶏油独特の甘さを感じなかった。ベースがおとなしい分カエシが立って感じられるが、吉村家系のような醤油醤油したカエシではない。麺は中太麺で切り刃は丸刃、スープとの絡みが微妙。具はチャーシュー、海苔3枚、ホウレンソウ(と書いてあったが小松菜)、刻みネギで特筆すべき点はないが、海苔は厚みのないもののへたれなかった。

 家系というカテゴリで考えるとうぅむ、なのだが、ラーメン一杯が550円という価格設定で考えればこんなもんかなぁ、という印象。激戦区だけにぜひ頑張って欲しいところだ。(Ricky)

2005.1.9