拉麺店情報

くまもとラーメン桂花柏高島屋ステーションモール店【閉店】


くまもとラーメン桂花柏高島屋ステーションモール店

ジャンル
熊本(桂花支店)

基本メニュー
太肉麺(900円)

場所
柏市末広町1-1柏高島屋ステーションモールS館7F

電話
0471-48-2371

営業時間
11:00〜21:30(LO)

定休日
高島屋に準ずる

アクセス
常磐線「柏」駅下車。駅コンコースより高島屋ステーションモール店へ。7階レストラン街内。


 「店主盛」は太肉麺にシャーシューと高菜が加わったもの。この店限定メニューなのかな?柏店への来店は3回目だったと思う。実は最初に来たときに太肉麺を食べて、あれ?と思ったのである。新宿末広店と較べて味が落ちる気がしたのである。

 しかしそれはRickyさんがレポに書かれているのと同じで、最初の印象が余りに鮮烈だったために、それが美化されていて、久し振りに食べたら期待していたほど美味しくなかった、そしてその店がたまたま柏店だった、ということなのかも知れない。

 で、久し振りに食べた桂花のラーメンは、やはり美味かった!このところ家系や背脂系のラーメンばかり食べていたせいか、桂花のスープは大変懐かしく、かつ新鮮な味であった。麺も例の丸いストレート麺の固茹でで、噛むと味がある。この麺はすすって食べるよりも良く噛んで食べた方が美味しい。太肉は以前よりやや固かった気がしたが、思い入れも手伝ってかやはり美味しい。茎ワカメも歯触りが良い。しかし、今回何といっても美味しいと思ったのは煮卵である。小さめの卵を半分だけだが、実に良く味が染みていて、この20日間に食べたに卵の中ではベストである。

 ひとつ気に入らないのは、ビールが「銀河高原ビール」とかいう濁ったタイプのものであること。ビールの味をじっくり楽しむのなら、このビールも選択肢の一つとなろうが(それでも私は選択しないが)、少なくともラーメンに合わせるのは、透明な、スッキリしたタイプが良い。で、私がラーメンと一緒に呑むのだったらキリンラガー、サッポロ黒ラベル、スーパードライから選びたい。ヱビスやモルツもラーメンにはちょっと重いように思う。(ぱうぱう)

2002.1.17


 どどーん!桂花なのである。まさか千葉で桂花を食べられるとは思わなかったのである。柏に一昨年出店するという話を新宿の末広店で伺って以来、3年越しでやっと柏の桂花へたどりつくことが出来たのである。うるうる、カンドーだなぁ。

 ご存じの通り桂花は熊本ラーメンの老舗で、東京に早くから進出していた店である。何しろ新宿3丁目の店が出来て今年で33年目であるから、今のようにラーメンラーメンと大騒ぎしている時代ではないのである。私が生まれた年に東京に進出してきたというのも偶然だが、この看板メニューの「太肉麺」は東京進出に向けて開発されたメニューなので、やはりこのメニューも33年の歳月を歩んできたのである。

 知っている方も多いと思うが、以前私は大のラーメン嫌いで(笑)。とにかく年に一杯食べればいい方、しかも必ず味噌ラーメンでバターやニンニクをたっぷり入れて食べていたのである、それもほんの数年前まで。何しろ北海道へ遊びに行ってもラーメン横丁など目もくれず(爆)ススキノで飲んだくれていた男なのである。そんな私がこのいけないラの道へ入ってしまったきっかけとなったのが、友人に「騙されたと思って食べてみなよ」と連れて行かれた、桂花@渋谷の太肉麺なのであった。そういう思い入れの強いラーメンなので、今回のレポははっきり言って完全に肩入れしているのでご了承を(爆)。

 店は駅のコンコースに繋がる柏高島屋の専門店館にある。そこのレストラン街(7階)のずんどまりに桂花の看板が。他の店同様先払いの食券方式だが、食券は渡されずにそのまま席へと通された。麺は中細の加水率低めの麺、独特の固ゆででポソポソしていそうで、しっとりとした味わい。食感がたまらなくよい。そしてスープは白濁しつつ透明度の感じられる豚骨スープ。表面にはマー油(ニンニク油)が浮いていて、これがまた食欲をそそる。具はとろとろとした角煮(これがターロー(太肉))にざく切りの生キャベツがどさっと乗る。トンカツのキャベツも旨いが、生のキャベツがこんなに旨いとは!甘みを十分に持ったキャベツはスープにも合って絶品。マー油のかかった部分が、これまた旨いんだなぁ。

 あ、正直に告白すると、最初に食べた時からどんどん印象は薄れていっているのは事実なのですね。最初の衝撃が強すぎて、その後都内の支店に何回も食べに行ったが、行くたびに物足りなさは感じる。しかし、その物足りなさを越える懐かしさと、私をこの道へと誘った敬意を表して甘めの感想をしてしまうのだなぁ。食べる人を選ぶラーメンであることは間違いないので、よろしかったら是非、という一杯である。★★★★(Ricky)

2001.2.11