拉麺店情報

和らーめん麺や勝【閉店】


和らーめん麺や勝【閉店】

ジャンル
醤油

基本メニュー
らー麺(550円)

場所
船橋市薬円台6-5-8

電話
047-465-0098

営業時間
11:30〜15:00,18:00〜21:00
11:30〜20:00(日祝)

定休日

アクセス
新京成線「薬園台」駅下車。ロータリーと交差する道を右方向へ。道沿い右側。西友手前。


 ここは以前稲毛区にあったお店が薬園台に移転した店なのだそう。稲毛時代に足を運ぶことは出来ず、移転してからもう1年近く経つのだが、いつも宿題店リストにありながら行けずにいた店であった。場所は薬園台の駅から歩いてすぐのところで、西友の手前にある真っ白い大きな暖簾が目印の店だ。関係ない話だがここってば住所だと「薬円台」で駅名は「薬園台」なのね(^^;。

 ここは西山麺を使って和風のラーメンを出すお店で、メニューに目をやると醤油、塩、味噌と何でも揃っている。茶髪で日に焼けた健康的な男性2人がキビキビと厨房で動いている。たしかサーフショップとのこと。なるほどなるほど。通常ならば一番シンプルな基本メニュー「らー麺」(550円)というのを注文するところなのだが、この日は何となくふと目に入った看板メニューというか店名が冠してある「勝そば(塩醤油味)」(750円)を注文。塩醤油味と書かれていて、3種のスープをブレンドした自信作とある。自信作と言うならばそれを食べてみようじゃないか。

 そして出てきたラーメン。確かにスープは醤油のような塩のような、薄い色をしたスープなのだが、醤油の風味も感じ塩のとがった感も出ていて正に塩醤油味。最初の一口で煮干しや節系のちょっと強い味が感じられるが、その後は意外にもあっさりとしたバランスに落ち着いている。具はチャーシュー、メンマ、ワカメ、キクラゲ、海苔、笹掻きネギ、半熟玉子半個で特筆すべき点はなし。麺は西山ラーメンの中太縮れ麺で、固めに茹でられた食感がいい。西山麺はいわゆる北海道系のお店以外で食べるとまた新鮮で楽しい。スープ表面に思いの外油分が浮いているので、スープと麺との絡みも悪くないのだが、あの油をしつこいと感じる人もいるのではないかと思った。全体的にはていねいに作られていて、なかなかレベルの高い和風ラーメンと感じた。(Ricky)

2005.2.5


 京成特急です。遅ればせながら、やっと行ってきました。私も特製ではなかったのですが普通の「塩」を注文しました。

 確かに煮干の味わいはしましたが白胡麻の風味も効いていました。ただ、スープの油の多さが気になりました。麺はその通り、札幌の西山製麺のものを使用していました。普通、西山の麺ならみそ味を出す店が多いのですが、ここは塩としょうゆのみというのはすごいですね。よほど、店主がスープに自信がある事と思われます。また、全店員さんのヘアスタイルが茶髪でサーファー風だったのが印象に残りました。

 この店といい、来月好@国府台が新津田沼・前原周辺移転するので、ますます新京成沿線がにぎわいそうですね。では、また。(京成特急)

2004.6.19


 薬園台駅を西友方面へ2分ほど歩いた右手に「麺や勝」という真新しいお店を偶然見かけて、誘われるように店内へ。

 店主と思しき方にお勧めを尋ねると「塩」ということでしたので、「特製ラーメン」を塩味で注文しました。待つこと数分、目の前に差し出されたラーメンからは「大勝@柏」や「まるき@松戸」を連想させる芳しい香りでした。一口スープを食してみると、まさに煮干しのふんだんな味わいで「和」を髣髴とさせるものでした。麺は西山製麺?のものを使用しておりました。

 私としては満足、納得の一品でした。煮干系がお好みの皆様には機会があれば是非訪れていただきたいお店です。(もやし)

2004.6.11