拉麺店情報

八幡だんちょうてー弐LDK【閉店】


八幡だんちょうてー弐LDK【閉店】

ジャンル
豚骨

基本メニュー
シロ(600円)

場所
市川市南八幡2-16-16

電話
047-378-1700

営業時間
12:00〜15:00,18:00〜翌3:00

定休日

アクセス
JR総武線「本八幡」駅南口下車。ニッケコルトンプラザ方面へ。コルトンプラザ前の道を市川IC方面へ、左側。


 本八幡の人気店「かっぱ」が2号店を出した。場所は以前「本八幡マルバ」があった場所で、そもそも本八幡の「かっぱ」は「本八幡マルバ」と経営が一緒のお店だから、新装リニューアルと考えていいだろう。店名の「弐LDK」とは、八幡の2号店という意味と2LDKをかけているのだろうが、なかなか面白いネーミングだと思う。店内は照明も落とし気味で、店名の通りリビングセットも置かれ、「五行」(西麻布)などを参考にしたと思われるような雰囲気になっている。とりあえずラーメンとご飯もの、トッピングなどがメニューに載っていたが、この雰囲気でもあるしおそらくいずれは昨年あたり東京で流行ったいわゆる「ラーメンダイニング」的なメニューを揃えるのだろう。

 基本のメニューは「白かっぱ」(600円)。丼はいわゆるラーメン丼とは違って、白磁のお洒落な感じの器で、これは本八幡マルバ時代にも使っていた記憶がある。一見容量が小さそうに見えるが、見た目よりも底が深く量も普通にありそう。スープベースは臭みのない白濁豚骨スープで、濃度は油分も含めてかなり高めで、それなりに頑張って取っているスープと感じた。具は炙ったチャーシュー2枚にキクラゲ、万能ネギ、海苔。濃いめに味付けられたチャーシューが濃度の高いスープと合っている。麺は開化楼の低加水細麺で茹で加減も申し分なし。ただ全体的に塩分が高く、カエシも強めに感じた。スープがそれなりにいいスープになっているだけに、この「塩梅」というか、カエシとのバランスが残念。これは「オニかっぱ」(600円)にも同様に言えることで、自家製辣油を使用しているとのことであったが、その赤い色の割には辛味はさほど感じられなかった。こちらも塩分濃度がかなり高く、辛さというよりもむしろ塩辛さを感じた。オープン時なので味のバランスがまとまっていないのだろう。

 いずれにしても千葉には今までなかったタイプの店。若い店主の今後の可能性に期待したい店の登場と言える。(Ricky)

2005.2.12