香の蔵らーめん


香の蔵らーめん

ジャンル
喜多方

基本メニュー
醤油らーめん(550円)

場所
千葉市稲毛区小仲台6-17-2

電話
090-3139-6439

営業時間
11:00〜24:00

定休日
 

アクセス
JR総武線稲毛駅東口下車。ロータリー左ミスタードーナツ曲がる。直進し、道沿い右側。サンラーメン先。


 宮野木の麺家乱風のご主人に教えて頂いた新店。稲毛駅から十分徒歩圏内で、近隣にはサンラーメン、元氣一杯本店などのラーメン店が並ぶ。白地に黒い文字で「香の蔵らーめん」の看板が煌々と輝く。名前から想像すると喜多方ラーメンの店のようである。開店当時の花環は「里の蔵らーめん」というところから来ていたので、何か他の店の関連店かもしれない。とりあえず店内へ。

 店内に入ると喫茶店のような内装に、外観や看板とのギャップを感じる。店内は小さなカウンターにテーブル席。全部で30名ほどのキャパシティ。メニューに目をやると「醤油」「味噌」「胡麻」…。「キムチ」…。更には「チャーハン」「麻婆豆腐」…。喜多方じゃないのかなぁ。麺は太麺と細麺から選べるとのこと。悩んだ挙げ句、「醤油(細麺)」「胡麻(太麺)」「餃子」を注文する。この店では水の代わりに冷たいお茶が出てくる。

 実に狭い厨房で何人もの人が出入りしている。フロアも含めると5名ほどいるだろうか。実に素早くラーメンが登場。「醤油」は間違いなく喜多方ラーメンである。具はバラ肉チャーシューにメンマ、ネギ、なると。麺は加水率高めの縮れ麺。スープはちょっと濁った薄目の醤油である。一方の「胡麻」は同じくバラ肉チャーシュー・メンマ・ネギ・なると・ワカメ。スープは胡麻ペーストを溶かしたスープで、ラー油で辛みを加えてある様子。どうしても胡麻ラーメンというと、こういうアプローチのお店が多いのは残念。麺は幅広縮れ麺で、喜多方ラーメンの麺といったらこっちが近いのかも知れない。増田製麺所の麺を使用しているようである。餃子は…。

 このラーメン屋が多い立地で開店するのはメリットもデメリットもあると思う。吉と出るか凶と出るか。今日のところは元氣一杯の一人勝ち、といった様相であった。

2000.11.17