拉麺店情報

隠れ麺どころかなり屋【閉店】


隠れ麺どころかなり屋【閉店】

ジャンル
醤油

基本メニュー
ラーメン(580円)

場所
君津市南子安5-13-2(金糸雀亭敷地内)

電話
 

営業時間
11:30〜14:30,17:00〜21:00頃

定休日

アクセス
JR内房線「君津」駅南口下車。ロータリー左手を入り、アピタの前の道を直進。道沿い左側。串揚げ処金糸雀亭敷地内。


 「角ふじ」といいこの「かなり屋」といい、二郎に倣うラーメンが最近登場している。家系を模したラーメンも数多いし、ラーメンに限らず、やはりある商品がヒットすると、それを模した商品が増えるのは世の常なのかも知れない。二郎との比較というか、そういう先入観で見てしまうと、やはりどのお店もオリジナルには勝てないわけで、この店の場合もそれを抜きにして考えればなかなか頑張ってる感が漂っていた。

 店の雰囲気、インプレッション等はこれまで行かれた方と大差ない。スープは二郎よりも若干カエシを立たせた印象。デフォだと油が多いという話だったが、それほどでもなかった。丼が小振りなので野菜増しにすると食べるのが非常に困難そうに思えた。ちなみに私は通常のラーメンに刻みニンニク、ネギ、唐辛子をトッピング。やはりこの方向性のラーメンにはニンニクと唐辛子が合う。刻んだ玉ねぎもなかなか有効だった。また小食や連食の方には小ラーメンというのがあるのも嬉しい。小ラーメンでもトッピングは無料。通常の麺が普通の店の1玉強くらいあるので、連食時には小でも十分かと思う。(Ricky)

2004.9.18


 今日ようやく再訪することが出来ました。12:00前に伺って、先客が3名程。道路に面してなく地元の方の目に付きにくい様で、駅前で宣伝されているそうです。

 店内に入り、券売機でラーメンの券を購入し店主に渡す。やまさんの書き込みを見て、油少なめにしようか迷ったのですが、まぁ初めてだしデフォでオーダー。トッピングは如何しますか?と聞かれたので、にんにくのみトッピングしました。

 出てきたラーメンは、ごろっとした豚が二つに茹でたキャベツともやしが乗っています。豚がやまさんの書き込み通り、味が抜けきっていて美味しさが無くなってます。野菜は二郎のように聳え立ってるといった感じではないです。スープはあっさり上品な二郎といった所でしょうか? 但し油は結構多いですね(少なめでも良さそう)。麺は太い平打ちで茹で加減はちょうど良かった。また麺の量が170gとの事で完食するのに大変な量では無いです。

 二郎が出来たと云う書き込みから、二郎と比べながら食べてしまいましたが、全体的に美味しくいただけました。また、店主と店員さんの接客も優しげで好印象でした。未だ若い店主さん、頑張っていただきたいですね。(lucky)

2004.7.5


 昨晩、行ってまいりました。豚入りラーメンをトッピングなしで頂きました。

 食べてみての感想ですが、まず、非常に油が多めです。これは自分が経験したどこの二郎よりも多い量。但し、油そのものが悪くないので割にすんなりとスープは飲めました。スープですが、とてもすっきりテイストの二郎という感じです。かえしが強めで、またそのかえしが実に二郎チックに仕上がっていてこの辺は文句なしです。麺は「或る」製麺所に作らせている特注麺だそうで、平打ちの太麺です。こちらも二郎のような粗野な感じではなく、表面がツルツルしていて美味しかったです。茹で加減もバッチリでした。ちょっと個人的に納得がいかなかったのは、豚。見た目のゴロゴロ感などは二郎っぽいのですが、味が無さ過ぎでした。おそらく二郎本店同様にスープの寸胴で豚を煮ているのだと思いますが、その加減のせいでしょうか、肉の旨味がほとんど抜けきってしまっています。なので、価格設定にもちょっと疑問を感じました。豚入り、豚ダブル入りでそれぞれ200円増しというのはどうかなぁ?というのが率直な意見です。

 全体的には東京にあるあまり美味しくない二郎の支店よりは圧倒的にこちらの方が美味いと思いましたが、いま一歩研究が必要かなと思いました。接客面については申し分ありませんでした。頑張って欲しいと思います。ちなみに夜営業の終了時間はだいたい20時半〜21時前後だそうです。(やま その2)

2004.7.4


 君津のかなり屋行きました。偶然通りかかったんですが、東京の二郎をかずさ地区用に若干アレンジしてるかな?という印象受けました。竹岡式が流行ってる地域だけに玉ねぎのトッピングを用意していたり、でも好感は持てた。特に二郎系にしては店内が綺麗だったのと、店員の態度がいい!営業時間がちょっと短いかな。夜遅くまでやって欲しい。(きっちゅ)

2004.7.2