らーめん神月

外観(09.10.16)
醤油ラーメン(09.10.16)

基本メニュー 味噌らーめん(650円)
所在地 千葉市若葉区坂月町284
電話 043-236-5885
営業時間 11:30〜24:00
定休日 無休
アクセス 千葉都市モノレール「千城台」下車。ちば興銀の交差点を右折、丁字路を左折、坂月町交差点を左折し国道126号(東金街道)を左折、国道沿い左側。駐車場あり。


 東金街道沿いにあった「白くま」の跡地に9月28日オープンした新店である。真っ赤な看板によしずがぶら下がった外観は清潔感がある。一応最寄り駅はモノレールの千城台ということになろうが、歩くとかなりある距離なので実用的ではないかな。車であればアクセスしやすい場所である。駐車場は16台分用意されている。

 お昼時ということもあって店内はほぼ満席。カウンター7席にテーブルが18席に小上がりも8席。面白いのは店に入ってすぐのところにある「屋台」。てっきりただの飾りかと思ったら、これも立派な客席なのである。スタッフは厨房に男性2人とホールに女性3人。

 メニューを見ると味噌ラーメンが一番大きく掲げられていて、味噌主体のメニュー構成になっているが、「味噌らーめん」(650円)「醤油らーめん」(580円)「特製醤油らーめん」(650円)「塩とんこつ」(680円)「神月チャンポン麺」(750円)と幅広いメニューラインナップになっている。いずれは生姜焼き定食やホルモン焼き定食なども始めるようだ。

 頼んだのはもちろん基本の「味噌らーめん」。出て来たラーメンのビジュアル、丼などに見覚えがあります。このラーメンは間違いなく千葉みなとに出来た「我流らあめん風神」と同じ。聞けばやはり風神の2号店なのだそう。麦味噌が香るスープは粘度が低く、比較的サラッとして飲みやすいスープの表面には揚げ葱が浮いていてスープとも合っている。中太でやや手もみがされた麺は自家製麺とのことで、もう気持ち熟成させた方がスープには合っているように思ったが、食感も悪くなくいい麺だった。キャベツとモヤシなどの茹で野菜にほぐしたチャーシュー、挽肉なども風神と一緒である。

 風神の時と同じ印象になるが、ラーメン好きが足を運ぶほどの吸引力があるわけではないが、美味しく上手にまとめあげた一杯は満足度が高い。周辺に専門店がない場所で平均以上の味を提供しているのだから、広い店内が満席になるのも当然というもの。2種類ある醤油ラーメンの違いが気になるので再訪してみようかな。(Ricky)

2009.10.19