海賊船【閉店】


海賊船

ジャンル
醤油

基本メニュー
醤油ラーメン(600円)

場所
市原市惣社3-4

電話
閉店しました

営業時間
11:00〜22:00(予定)

定休日
不定

アクセス
国道16号より市原市役所・市民会館方面へ。館山自動車道を越える。加茂坂上交差点を右折、右側。


 きたさんの情報により、早速新店のチェックへ。ここは元々平成軒という店だった場所である。店はカウンター14席に小上がり席8席というレイアウト。中途半端に店内には海賊の旗や宝島の地図が貼られている。ここで店主が黒い眼帯でもしていればいいのに、普通の親父。そしてその母親と思しき女性の2人で厨房にいる。早速ラーメンを注文する。

 麺は加水率高めの麺、ちょっと茹で加減が甘い。スープは豚骨をベースにされたモノで、醤油ダレがかなり濃く出ているバランス。あっさりとした中にも力強さを感じる味わい。具はバラ肉チャーシューが2枚と、炒めたモヤシ、茹でたキャベツ、刻みネギ、ワカメ。チャーシューは薄さが気になるが、程良い塩梅で◎。茹でたキャベツはちょっと茹ですぎで、もう少し固めの方が食感が楽しめて、キャベツの旨味も堪能出来るのでは。

 ランチタイムにはおにぎりがサービスでつく。烏龍茶のサービスもあり、コストパフォーマンス含め満足。あとは店主が海賊の格好をするだけだ。(Ricky)

2000.5.25


 海賊船@平成軒跡地は、全体的には結構イケル!という印象。個別には、麺が多加水に変わりましたが茹で加減がゆるく、もったいないです。スープは平成軒と同じ豚骨。醤油(\600)を食べましたが、コレも成軒と同じ濁ったタイプ。何となく第一印象が近いかな??とも思いますが、やはり違う。

 具は、もやしを炒めたモノ(作り置き)、メンマ、刻みネギの薬味、柔らかいバラチャーシュー2枚(脂身多いがイケル)は、薄切りが残念。たぶん、ごま油の香り。モヤシを炒めたモノか?

 店主は、平成軒の気のいいオヤジとは関係なく、仏蘭西料理畑出身とか。曰く「前のお店と同じ豚骨ですが、前の方は<こってり>で人気が無かったようなので、僕は、あえて<あっさり>の豚骨を目指しました。」奇しくも、コッテリを狙うばかりに、脂でどうにもぼや〜っとした印象になった平成軒と、アッサリを目指したが故に、ハッキリとしょうゆ味が色濃くコッテリ感がいや増した海賊船。房総竹岡醤油真っ黒ラーメンにならされたワタシだからこそ言うが、この店たぶん流行ると見た!!!(Kita)

2000.5.24