開花屋楽麺荘柏店

外観(09.8.3)
らぁめん塩(09.8.3)

基本メニュー らぁめん塩(650円)
所在地 柏市旭町1-7-17
電話 04-7147-0041
営業時間 11:00〜翌2:00(LO1:30)
定休日 無休
アクセス JR常磐線「柏」駅南口下車。線路沿いを南へ道沿いに直進、道沿い右側。


 今月2日にオープンした新店である。本店は三重県松坂にあり、三重県を中心に愛知、福島、岐阜などに支店を構え、この柏店が関東初進出店になるのだそう。オープン3日間はすべてのラーメンが200円引きというサービスをやっていたせいだろうか、月曜の中途半端な時間に行ったにも関わらず、待ちこそないものの店内はほぼ満席と盛況だ。 キッチン、ホール合わせて10名ほどのスタッフが処狭しと動き回っている。オペレーションも乱れなく、新店にありがちな停滞やストレスもない。特に一人ホールの女性で動きが相当いい人がいたので、本店なり他の店からのヘルプなのかも知れない。

 メニューは「らぁめん」(650円)が基本で、味は塩と醤油がある。ホールスタッフに尋ねたところオススメは塩ということだったので、「らぁめん塩(写真)」を注文する。他には「とんコクらぁめん」(700円)「生味噌らぁめん」(850円)「特製つけ麺」(850円)と、一通りのメニューが揃っている。店内はカウンターもあるが、基本的にはテーブル席主体の店なので、何でもあるメニュー共々家族連れなどに重宝しそうだ。しかしその反面、カウンターの椅子は高さなど非常に座り辛く、173センチの私が相当座りにくかったので、背の低い例えば女性などはどうなのだろう。また店内から丸見えの妙な開放感があるキッチンも気になる。カウンターのように上だけならまだしも、バックスペースが足下まで見えるのは気になるものだ。

 ほどなくして出て来たラーメン。国産の豚や奥伊勢七保鶏などを使ったという動物系スープにマグロ節、真昆布などの和素材が加わっているそう。メニューには白湯と和風出汁のコラボレーションとありますが、こういうのはただの「ブレンド」であって「コラボレーション」とは言わない。軽めの動物系の上にやはり軽めの和出汁が合わせられていて、飲みやすいと言えば飲みやすいスープではあるが、若干カエシのバランスが高く塩っぱく感じる。麺は細ストレート麺で、茹で加減は程よく適度に固さを残した食感は良い。具はチャーシュー、味玉、メンマ、ネギ、海苔で特筆すべき点はなし。

 オープン価格の200円引きで考えれば満足出来るが、定価の650円として捉えた場合、周辺には例えば「王道家」であったり「誉」であったりと、その価格で強いラーメンがいくつもあるので、満足度としては残念ながら低くなる。三重県で人気のラーメンが千葉最大の激戦区に殴り込みの結果はいかに。(Ricky)

2009.8.3