麺屋かぐら

外観(09.9.17)

濃いうまラーメン味玉(09.9.17)
つけ麺味玉(09.9.17)

基本メニュー 濃いうまラーメン(650円)
所在地 柏市旭町2-1-5
電話 047-378-2633
営業時間 18:00〜翌5:00
定休日 なし
アクセス JR常磐線「柏」駅南口下車。ロータリー脇線路沿いの道を左へ。道なりに右折し国道6号方面へ。道沿い左側。


 県内屈指のラーメン激戦区「柏」にオープンした新店である。場所は柏駅西口で、人気店「誉」と「王道家」の間というなかなか強気の場所への出店である。店は広々とした厨房を囲むようにL字カウンターが10席と、テーブル席も用意されている。店主は県内の某店の味に感銘を受けてそのお店で修業もし、暖簾分けするところまで話がいったようだが最終的には独自の屋号と味で勝負することとなったそう。

 メニューは「ラーメン」「つけ麺」の2種類で、それぞれ麺の量の違いで並、中、大とある。「濃いうまラーメン」(650円)にサービスの半熟味玉が乗せたものを。まずスープは豚骨と鶏ガラベースに数種類の厚削り節に煮干しを加えたダブルスープ。別取りしたものを最後寸胴合わせしているそうで、若干魚節や煮干しが強く詰まった感はあるが、しっかりと乳化したスープは濃度も粘度もありなかなか力強い仕上がり。豚骨魚介とは言っても近隣にある「麺屋こうじ」や「大勝軒」とも違った、いわゆる「青葉」的な方向を目指したラーメンと言えそう。そして「つけ麺」(680円)も基本的には同じ方向性だが、若干魚介が強めに出ていて調味料のバランスが悪かった。

 麺は松戸の佐藤製麺による中細麺で、茹で加減も申し分なく食感も良い麺であった。しかしこの麺は加水的にも繊細な麺だと思うので、茹でるのには相当な神経が必要に思った。特につけ麺の麺は食感も固く茹でも甘いので、茹で時間はもちろん上げ方や水の締め方などもう少し工夫や改良が必要かと思う。具はチャーシュー、メンマ、海苔、そしてサービスの玉子。どれも過不足なく普通に美味しくいただけたが、ビジュアル的にはノーマルだと味玉がなくなるわけで、若干寂しさがあるようにも思った。

 いわゆる和風豚骨、豚骨魚介と括れば他にもあるが、青葉的なこういうタイプのスープは柏エリアではありそうでなかった味。そういう意味でもぜひ頑張って頂きたいが、環境として王道家や誉といった味的にも接客的にも非常にハイレベルな店に挟まれての出店。この場所を自ら選んだのだから、比べられるのは宿命としても、一つ一つに手抜きなく一生懸命作っている印象で、ぜひ頑張って頂きたいと思える新店であった。(Ricky)

2009.9.17