ラーメンかぶとや!


ラーメンかぶとや

ジャンル
醤油(喜楽出身)

基本メニュー
ラーメン(600円)

場所
千葉市花見川区検見川町3-316-3

電話
043-273-5875

営業時間
11:30〜14:30,17:00〜22:00

定休日

アクセス
JR総武線「新検見川」駅下車。海側(国道14号方面)へ直進右側。「大京」の正面。


 開店して5ヶ月が経った。開店当初はたくさん花環が出ていて気づかなかったが、この店の名前には「!」がついていたのであった。よってデータベースも変更(笑)。お昼時を少しはずしたあたりに行ってみた。店内ではご主人一人が忙しそうに働いている。客の入りは半分程度、ご近所なのだろうかおばあちゃんの3人組と、サラリーマンのような人達であった。

 餃子などとのセットメニューもあったが、「もやしラーメン」(750円)に味付玉子を注文する。すると店主が「いつもは肉が入るのですが、入荷の関係で今日は入らないんですけどいいですか?」とのことだったので、了解してラーメンを待つことにした。っていうか正直で好印象。

 5ヶ月振りのラーメンは見た目は変わった感じがしなかった。しかしスープは前回よりも濃いめの味付けになっており、甘みのようなものも加わった印象である。前回の印象として感じたコクや深みという部分に置いてはまだ試行錯誤なのかな、という印象。麺は松井製麺所というところの麺のようだが、幅広のもちもちした食感が相変わらずよい。中華鍋で手早く炒められた熱々のモヤシが食欲をそそる。

 食後にご主人と少しお話をしたが、開店以来スープで悩んでいるとのことであった。研究心旺盛なその姿勢やよし、頑張って頂きたい店である。★★★(Ricky)

2001.10.29


 気が付けばもう半年は経っていた。ここは以前「支那そばや」のあった場所である。スープ不出来の日は休み、という日々が続いたと思ったらそのまま閉店してしまった支那そばや。。。その後店は何も入らずにいたのである。しかしいよいよラーメン店がここで新規開店することになった。嬉しい限りである。26日に開店したばかりのお店へ早速足を運んでみる。

 店の名前は「ラーメンかぶとや!」。真っ赤な看板に白抜きの文字が映える。早速店内に入ってみると、支那そばやの厨房と席をそのまま使っていて、コの字だったカウンターをL字型に使っている以外は内装などに変更点は全くない。そしてよく見ると卓上に置かれた箸置きなどには「支那そばや」の青い文字がそのまま残っている。どうやら旧店の備品などをそのまま受け継いだようである。店内にはご主人と思しき人とその助手の様な方の2名のスタッフで切り盛りする。店内には「安くて美味しくてお腹いっぱいを目指して頑張ります」そして「人手不足なので前金でお願いします」との文字。

 メニューはラーメン、ワンタンメン、モヤシラーメンなどの文字。とりあえず基本のラーメンに味付玉子を合わせて注文する。見覚えのある厨房で別のラーメンが作られていくのを見るのは何となく面白い。用意した丼をみると、ここにも「支那そばや」の文字が…。

 「お待たせしました!熱いのでお気を付けて!」と出されたラーメンは、どこかで見たことがある…。麺は平打ちの中太麺で食感が楽しい。スープは鶏ガラと豚骨がベースになったあっさり醤油味で、表面には揚げネギが浮いている。スープ自体のコクというか深みは足りない気がしたが、表面に浮いた揚げネギの香りと甘さがいいアクセントになっている。そして具はチャーシュー、モヤシ、デフォで半割味付玉子。このチャーシューも程良い味付けで美味だったが、味付玉子が色も濃く見るからに美味しそうで、味もその期待を裏切らない旨さであった。

 どこだったかな、このラーメンどこだったかな…と思いながらご主人とお話をさせていただいた。そして修業先は「喜楽」と聞いて納得!正にこの店のラーメンは道玄坂の老舗「喜楽」の中華麺そのものである。渋谷で多くのお客さんに愛されてきた店の味を継承する店が、千葉の新検見川に開店した。一度は是非訪れて頂きたいお店の登場である。★★★(Ricky)

2001.5.28