らぁ麺樹幸【閉店】


外観(11.3.30)

濃厚とんこつ醤油(11.3.30)
濃厚とんこつ醤油特・樹幸(11.3.30)

チーズ味噌(11.3.30)

所在地 東金市東金547-1
電話
営業時間 11:30〜14:30(LO),18:00〜22:00(LO)
定休日
アクセス JR東金線「東金」駅下車。国道126号線に出て、東金駅東入口交差点すぐ。駐車場あり。

大きな地図で見る

 土気の人気店「麺家樹幸」が東金に2号店を出店した。当初3月9日プレオープンで16日の本オープンというスケジュールだったが、東日本大震災の影響などもあってプレオープン期間がほぼ営業出来ずに16日からのオープンとなった。店は東金駅から歩いてすぐ。駅入口交差点近くの国道126号沿いにある。数軒並ぶ長屋のような雑居ビルの左端で、店の前は駐車スペースになっている。大きく掲げられた看板には「らぁ麺樹幸」の文字。本店は「麺家」だが、こちらでは分かりやすくしたのだろうか。また「網焼きチャーシューが旨い」とキャッチも書かれている。

 店内はコの字型のカウンターが10席。当初はあと数席多かったようだが、ゆったりと使ってもらえるようにと席数を減らしたのだそう。厨房はクローズドキッチンで奥にある。本店は券売機だがこちらでは直接注文して現金でやりとり。店主の中島さん以外はすべて女性スタッフで、この優しい雰囲気は本店とまったく同じだ。

 看板メニューは化学調味料不使用の「こくまろ醤油」「あっさり醤油」。さらに味噌や旨辛メニューなどもあって、メニュー構成はほぼ本店と同じだが、違うのは本店にある「塩らぁ麺」がなく、その代わりに東金オリジナルの「濃厚とんこつ醤油らぁ麺」があること。そもそもフレンチレストランを営んでいた中島さんがラーメンに衝撃を受けたのは、当時学園前にあった家系ラーメンの人気店「中野家(現末広家)」だったのだが、いつかはやりたいと言っていた家系ラーメンを今回東金店のオリジナルとして登場させたのだ。

 その「濃厚とんこつ醤油らぁ麺」(730円)は、見た目はまさに家系そのもの。しかしスープをすすると樹幸流の豚骨醤油であることが分かる。コクのある豚骨スープに香りの強い醤油ダレがしっかりと溶け込み、そこに鶏油が加わっている。最初のうちは醤油感が強く感じるが徐々にスープや油と一体感を醸し出す。麺はカネジン食品の中太麺で美味しい麺だが、ちょっとスープを弾く印象。個人的には家系麺のようにもっとしっとりとスープを拾い上げる麺の方が合っているように感じた。具は自慢の網焼きチャーシューにホウレンソウ、ネギ、そして海苔3枚(笑)。やはり網焼きのチャーシューがとても美味しい。焼き立てを供されるので熱々で香ばしいのも良い。

 やはり長年の経験がある店主だけに隙がない完成度でさすが。千葉のラーメン好きならば一度は足を運んでも損はないだろう。家系的なラーメンとしては近くに「山岡家」があり、ちょっと離れたところには「仁家」もあるが、それぞれも似て非なるものだし、樹幸の豚骨醤油もまた別物なのでかぶって捉えられることはないだろう。それよりも単純にデフォルトの豚骨醤油ラーメンで730円という価格設定が、果たしてこのエリアで受け入れられるかどうか、その部分だけが気になった。(Ricky) Check

2011.3.30