常勝軒 ちはら台店


外観(11.1.26)

つけ麺(11.1.26)
ラーメン(11.1.26)

所在地 市原市ちはら台西3-4 unimoちはら台1F
電話 043-663-6874
営業時間 11:00〜22:00(21:30LO)
定休日 なし(unimoに準ずる)
アクセス 京成千原線「ちはら台」駅下車。駅前ロータリーから「ちはら台駅入口」交差点を直進。ユニモちはら台1F。駐車場あり。
URL http://www.kouji-dream.com/

大きな地図で見る

 ちはら台の大型SC「unimoちはら台」内に2010年12月オープンした新店。佐貫大勝軒系、いわゆる田代グループが手掛ける大勝軒系ブランド「常勝軒」(茨城県つくば市)の支店になる。千葉への進出は、2008年11月に「千葉ワンズモールラーメン劇場」に出店したのが最初で、そちらで一年間の営業を終えた後、2009年12月に千葉市おゆみ野に路面店となる千葉本店をオープン。ちはら台店は現在千葉県内で2店舗目ということになる。正直おゆみ野の目と鼻の先の立地で、さらに近くには「千葉大勝軒」も位置しているので、ラーメン好き的には別段今回の出店そのものに目新しさは感じさせないが、本格的なラーメン店が皆無であるunimoへの出店はこの施設を利用するお客さんには嬉しいことではないかと思う。実際家族連れを中心に路面店とはまた違った客層が多かったように感じた。

 店頭や店内には山岸一雄氏の写真などが飾られていて、大勝軒で修業したことを全面的にアピールしている。メニュー構成はいわゆる大勝軒系なので「つけ麺」(750円)「ラーメン」(650円)の二枚看板。あとは「ワンタンメン」(830円)などのメニューもあった。「つけ麺」は、オーソドックスでシンプルないわゆる東池系のつけ麺。麺は中太ストレート麺で加水率は高め。茹で加減は若干柔らかめだが、麺といえば固めという風潮の中でこの茹で加減は非常に良いと思う。ちなみに麺のボリュームは、時間帯によって中盛りまで無料サービスしているようだ。つけダレはベースの濃度も粘度も低めで、調味料でバランスを取るタイプ。とはいいつつも、大勝軒系の特徴である「甘味」「辛味」「酸味」はどれも抑え気味で、若干酸味と甘味が前に出て辛さが少なめ。これは家族連れの多いSC出店ということも多分にあるのだろう。一方の「ラーメン」はスープの濃度粘度は軽めで魚粉や油に頼ったようなバランス。麺が若干暴れて弾いてしまい、スープとの絡みはあまり良いとは思えない。

 しかし一昔前ならばそうそう食べられなかった東池系のつけ麺やラーメンが、こうやって千葉のショッピングセンターでも食べられる時代になったことが単純に凄いと感じている。分かりやすく食べやすい店として、買い物や映画の合間に行くのにとても重宝する店なのではないかと思う。(Ricky) Check

2011.1.26