拉麺一鉄(閉店)


拉麺一鉄

ジャンル
味噌

基本メニュー
みそらーめん(650円)

場所
松戸市五香西2-36-1

電話
047-387-2222

営業時間
11:00〜23:00

定休日
なし

アクセス
新京成線「五香」駅西口下車。県道から産業道路へ。道沿い右側。


 3月に開店したばかりの新店である。「一鉄」というのは、八千代緑ヶ丘や稲毛などにもある店だが、いわゆる「東京とんこつ系」とでも言おうか、「東京背脂正油系」「とろみ系」「白湯系」などの特徴的なラーメンを出す店で、「一鉄」や「さんとん」(茂原)最近だと「海の家」(君津)など様々な屋号で存在する一大勢力。ここは以前「角煮屋」という名前の店だったが、そこも同じく「東京とんこつ系」の店であった。なので、単なる屋号の変更かと思っていたが、店の前に掲げられた電飾には「みそ屋」の文字が。

 店の入口に食券機があり、そこで注文をする。メニューに目をやると、見慣れた「とろみ系」「白湯系」などの文字はなく、いきなり「つけ麺の部」とある。その次に「味噌の部」「正油の部」と続く。この変更はこの店だけのことなのか、東京とんこつ系全体のことなのか定かではないが、一鉄の味噌らーめんというものに興味があったのでそれを煮玉子(100円)と共にオーダー。

 店内は10名程のカウンターにテーブル、小上がりと以前と変更はなさそう。広々とした開放的な厨房では2人のスタッフがラーメンを作っている。時折中華鍋を振るう音が店内に響く。他にお客さんはさほどいなかったのだが、結構時間がかかっている。しばらくしてラーメンが到着。麺は加水率高めの中太縮れ麺で茹で加減はちょうどいい。具はバラチャーシュー、モヤシ、メンマ、海苔、ネギ、そして追加した煮玉子。チャーシューは箸で持つと崩れそうな感じ。モヤシはしゃきっとしているでもなく、しなってるわけでもなく、熱々でもなければ冷たくもない。先ほど中華鍋を振るっていたのが、このモヤシなのだとすればあまり意味がない。煮玉子は数日寝かせたであろう、黄身がねっとりと重みを持ったタイプの玉子であった。スープは濃度が高めの豚骨味噌といった感じで特筆すべき点はなし。

 正直なところ、他でもきっと味わえる無難な味噌ラーメンという印象。これだったら、今までの独特なメニュー構成の方が楽しかった。最近稲毛や八千代の店に行ってないけれど、味とかメニューを変えたのだろうか。気になる。(Ricky)

2004.4.8