横浜家系ラーメン 麺家一翔


横浜家系ラーメン 麺家一翔


外観(13.8.30)
醤油とんこつラーメン(13.8.30)

所在地 千葉市若葉区小倉町882-8
電話 043-312-2255
営業時間 11:00〜23:00
定休日 なし
アクセス 千葉都市モノレール線「小倉台」駅下車。モノレールと交差する道を坂月、大宮方面へ。道沿い左側。「かつ波奈」向かい。駐車場あり。

大きな地図で見る



 小倉台に今年8月オープンしたばかりの新店。以前ここは「麺屋黒船」だったと思うが、最近工事をしていたので何が入るのか気になっていたらまたラーメン店に。赤と白の派手目な看板はコンサル系のよく見かけるタイプ。こちらは浜野にある「吟家」の別ブランド店とのこと。西千葉などは「吟家」名義だったが、こちらは別の屋号での出店になっている。最寄駅としてはモノレールの「小倉台」になると思うが「千城台北」からもほぼ同距離。店の隣に駐車場が12台分用意されているので車でもアクセスしやすい。

 店内は比較的広めの厨房に面するようにカウンター席が6席、ほかに4名用のテーブル席が2卓と6名用の小上がり席が3卓。オーダーは店入口にある券売機で。メニューは「醤油とんこつラーメン」(650円)「塩とんこつラーメン」(650円)「味噌とんこつラーメン」(650円)「濃厚とんこつ魚介つけ麺」(850円)と、メニュー名や価格に若干の違いはあるけれど、吟家のメニュー構成とほとんど変わらない。もちろん基本の「醤油とんこつラーメン」をオーダーした。

 「ラーメン」のビジュアルも吟家と合致する。家系にしては小さな海苔3枚とホウレンソウ、チャーシュー、薬味のネギ。スープはしっかりと乳化したスープでカエシ強めで塩分濃度が高め。油が浮いているのではなく乳化したタイプなので口当たりがクリーミー。非常に飲みやすいスープではあるけれど素材感に乏しい印象。平打ちの太麺は大橋製麺の麺で、ノーマルで頼むとまだ芯が残って硬め。丼が小さめなのでスープと麺の収まりが悪い印象。もう少し大きな丼でスープに麺を泳がせてあげると大分良いのにな。薄いチャーシューは鉄板か何かで焼いているのか香ばしくて熱々だった。

 同じ通り沿いには「麺屋剛流」や「味噌屋庄助」などの実力店もあるが、ラーメン好きでなければ十分満足出来る商品力もあるのでそれなりに支持を集めるのではないだろうか。味のバリエーションも豊富で近隣のファミリーなどが行くには良い店ではないかと思う。(Ricky)

2013.8.30

Check