RAMEN EXPRESS 博多一風堂 三井アウトレットパーク木更津店


RAMEN EXPRESS
外観(14.7.28)
RAMEN EXPRESS
RAMEN EXPRESS
白丸とんこつ(15.6.1)
白丸とんこつ(14.7.28)
RAMEN EXPRESS
RAMEN EXPRESS
チャーシューまぶしごはん(14.7.28)
博多ひとくち餃子(14.7.28)

所在地 木更津市金田東3-1-1 三井アウトレットパーク木更津内
電話 0438-40-5009
営業時間 10:30〜21:00(LO20:30)
定休日 不定休(施設休業日に準ずる)
アクセス JR内房線「袖ケ浦」駅下車、小湊バスで10分。東京湾アクアライン連絡道「木更津金田IC」下車、駐車場あり。



 昨年7月にRAMEN EXPRESS業態として千葉県初進出した博多一風堂。一年経ってラーメン類については価格の改訂がされていて「白丸とんこつ」(780円)「赤丸とんこつ」(830円)となっている。ほぼ一年ぶりに「白丸とんこつ」をオーダー。

 スープはしっかりしていて髄の質感もあり、麺の食感などはやや弱さを覚えるものの、フードコートと言えどもちゃんと一風堂のスペックを満たした一杯になっている。オープン時に食べた時よりもバランスが安定しているかな。

 路面の一風堂と較べて、サービス無し、セルフのフードコート業態と考えるとやや割高にも思うものの、アウトレットは基本的にお金を使いに来る客層なのと、他のフードコート店を見てもまぁ適正価格なのでしょう。

 RAMEN EXPRESSと言うだけあって、調理もサーブも早い早い。ただ、個人的にはあまりこの店名は好きじゃないのだなぁ。なんとなく本物感が薄れる気がするのよね、ファストフード的な感じがして。まぁそこが敢えて狙っている部分なのかも知れないけれど。(Ricky)

2015.6.1


Check

 今年3月のららぽーと店に続いて、6月にはイクスピアリにも出店、さらに今月ついにフードコート業態である「RAMEN EXPRESS」の千葉初出店と、博多一風堂の千葉県内への出店ラッシュが止まらない。千葉初出店は2005年で、その後ほぼ十年まったく出店が無かったが、今年に入って3店舗。夜な夜な恵比寿まで車を走らせていた自分としては感慨深いものがある、というのはイクスピアリ店のレポでも書いたところだが、あの一風堂がフードコートでも食べられるようになるとは、隔世の感とはまさにこういうことを言うのだろう。

 一風堂のフードコート業態である「RAMEN EXPRESS」だが、実はその中にもいくつかの業態があることはあまり知られていないし、一風堂サイドとしても積極的に打ち出してはいないようだ。ものすごくザックリと言ってしまえば、より路面店に近い味を出している業態とフードコートに特化したメニューを用意している業態の2系統。こちらは前者になる。ここらへん、もう少し整理してくれると分かりやすくて良いのだけれどな。メニューは「白丸とんこつ」(750円)「赤丸とんこつ」(790円)とそれらのバリエーション。サイドメニューは「チャーシューまぶしごはん」(200円)「明太子まつりごはん」(200円)「博多ひとくち餃子」(420円)などで、あとはセットも豊富に揃う。替玉も100円で用意されている。

 フードコートとは思えないクオリティの白濁豚骨スープは、一風堂の路面店とほぼ遜色ない味わい。麺の印象が若干異なるが、それ以外はほとんど「白丸元味」と同じラーメンと捉えて良いだろう。ややカエシのバランスが強めに感じたのが気になるが、初めて食べる人にとっては全然気にならないレベルかも。そして何よりも調理スピードが速い。一風堂自体も速いスピードで提供される店だが、こちらはなおのこと速い。一風堂がフードコートで、しかも木更津で食べられるという幸せ。さらに同じフードコートには「松戸富田製麺」もある。フードコートも品質、ブランドの時代になったのだなぁと痛感させられる。(Ricky)

2014.7.28