拉麺店情報

らーめん一力亭【閉店】


らーめん一力亭【閉店】

ジャンル
醤油

基本メニュー
焙り醤油らーめん(580円)

場所
野田市中野台字川岸台824-7

電話
04-7121-6566

営業時間
11:00〜15:00,17:00〜21:00

定休日

アクセス
東武野田線「野田市」駅下車、県道46号線を野田橋方面(埼玉県方面)へ直進。野田橋下交差点を右折、道沿い右側。駐車場あり。


 ここ数日会議室で話題になっているお店である。昨年夏の開店以来の宿題店となっていたが、会議室に煽られて、スケジュールの数時間の空きを狙って一路野田市まで。一力亭という屋号から、もしかしたら京都ラーメンなのかなぁと思っていたが、やはりメニューや出てきたラーメンは京都ラーメンを思わせるものだった。

 店はファミレスのような一軒家で、ホーロー看板や昔の新聞広告などが貼ってあり、レトロな雰囲気を演出している。一昔前に流行ったような、筆書きの大きな文字で蘊蓄が壁に書かれている。見た目は大手資本系というか、FCチックな作りになっている。テーブルは大きな8人掛けテーブルが1つに、6人4人掛けがそれぞれ1つ。小上がり席は6人掛けが2卓というキャパシティ。日曜日ということもあって、家族連れが非常に多い。

 気になるメニューは「焙り醤油らーめん」「炙り焼豚らーめん」をはじめ、「京都銀閣らーめん」「九条ねぎらーめん」など京都を冠したメニューも並ぶ。また「石焼ごはん」なども人気のようで、テーブルのあちこちでじゅうじゅうと音がしている。とりあえず「炙り焼豚らーめん」(850円)に「焼餃子」(250円)を注文する。そろいのTシャツを着た若い店員さん達の元気ある接客はなかなか好印象。子供にも「もうすこしで出来るから待っててね」などと声をかけている。従業員教育が徹底しているお店という印象だ。

 まず最初に餃子が出てきた。パリパリした厚めの羽付餃子である。「よろしかったら特製味噌もどうぞ」と餃子と共に味噌ダレがついてきた。甘めの味噌ダレは餃子に合っているのか合っていないのか、よくわからない(笑)。しかし餃子自体は熱々でジューシーなものでなかなかであった。保守的な私としては、やはり酢醤油(にラー油)もしくは酢(にラー油)のみで食べる方が好きだな。ちなみに酢だけの方が通らしい食べ方のようだ(これは宇都宮で学んだ)。

 そして出てきたラーメンはやはり京都ラーメンのベクトルを持ったラーメンであった。濃い色をした醤油スープは甘めのテイストで、鶏系の味わいが感じられる。背脂が入っていて、油で濃厚さを出すタイプのスープである。麺は細ストレート麺で、つるつるとした食感のものでコシはあるものの茹で加減は柔目。ホロホロと崩れるチャーシューは、周囲を焼いてあるが、あまりその個性は感じられない。

 エリア外の人たちに積極的に薦める店かと聞かれれば疑問符がつくが、お店の雰囲気や接客もよく、メニューも豊富なので近隣に住む家族連れにはお薦め出来る店かと思う。★★★(Ricky)

2003.5.18


 本日、一力亭へ行ってきました!結果から先に言うと久々のヒットですぅ〜♪

 炙り焼豚らーめん(醤油)★★★★ 華があります。お店の感じは東京とんこつらーめん系列っぽい雰囲気でなかなかお洒落。味は阿闍梨屋麺之介に天下一品(こってりの方)を混ぜたような感じで、個人的には横浜ラ博で食べた井出商店のミニより好きかも♪羽付餃子も杏仁豆腐もあって嬉しいし、チャーシューもメンマも美味しいし、駐車場も広くて入りやすいし、よいお店を教えていただきました。

 床屋さんありがとうございました☆彡それから、一力亭の本店はどこですか?とお店の方に尋ねるとここですと微笑んでました。北海道のお店は同じ屋号を使った姉妹店だそうです。(★KEIKO★)

2003.5.17