らーめんひろ家

外観(07.3.4)

ラーメン(07.3.4)

チャーシューメン(07.3.4)

基本メニュー らーめん(500円)
所在地 木更津市貝渕3-5-20
電話 0438-22-2655
営業時間 11:00〜14:00,18:00〜21:00
11:00〜20:00(日)
定休日
アクセス JR内房線「木更津」駅西口下車。AQUA木更津先を左折し直進。延命寺先道沿い右側。駐車場あり

 近隣のつじ久に向かっている時に見つけた店である。バス通りには駐車場だけが見え、実際の店はちょっと路地裏にある。そこには製餡所があり、大正時代から続く歴史ある製餡所の経営しているラーメン店がこの「ひろ家」なのだそうだ。元々は料理好きな社長が木更津駅前で別の屋号でラーメン店を営んでいたそうで、その時は味噌ラーメンや中華系のメニューで評判だったのだそう。しかしその後店を閉めてしばらくは本業の製餡業に専念していたが、やはりラーメン作りがやりたくて会社裏手にある小豆納屋を使って今年2月にラーメン店を再び始めたのだという。

 昭和初期から建っているというその納屋はもうお見事という立派な納屋で、そこに真っ赤な真新しい暖簾が掲げられることで、新たな息吹が吹き込まれたようだ。路地から店の入口に至るまでのエントランスは思わずわくわくしてしまう。しかも店先にはかつて使っていたという唐箕(とうみ)までも!こんなもの日本史の教科書でしか見たことないぞ(笑)。そして暖簾をくぐり納屋に入ると、すべて手作りという店内でほっとする空間になっている。

 メニューは「ラーメン」(500円)「チャーシューメン」(600円)のみというシンプルな構成。ベースとなるのは国産豚の旨味あふれる軽めのスープ。そこに若干の和ダシがプラスされている。基本的には房総系の醤油が立ったラーメンなのだが、しっかりと旨味をたくわえた味わいは物足りなさを感じさせない。醤油は丸大豆醤油を使っている他、スープを取るのに久留里の湧き水をス使っているそうで、これですっきりと素材の旨さが出るのだという。麺は中細縮れ麺でスープをよく拾い上げてくる。バランスがいいラーメンだと思う。

 強烈なインパクトがあるラーメンではないが、毎日でも食べられる優しい味わいの醤油ラーメン。しかも1杯500円。安い。築数十年という歴史ある納屋の空気を感じながらラーメンを味わう。なかなかこれは体験出来ないと思う。木更津界隈にいる時にはぜひ足を運んでいただきたい佳店であろう。(Ricky)

2007.3.4