麺工房らーめん春吉

外観(05.9.16)

黒コク味噌黒麺(05.9.16)

麺工房らーめん春吉

ジャンル
味噌

基本メニュー
黒コク味噌黒麺(780円)

場所
佐倉市小篠塚満井1154

電話
043-486-0020

営業時間
11:00〜23:00

定休日
なし

アクセス
東関東自動車道「佐倉」インター下車。インターを出て右折し佐倉市街方面へ。県道65号線「佐倉IC入口」を右折。道沿い左側。駐車場あり。

 会議室に情報をいただいた新店である。ここは以前「ラーメンとん太佐倉インター店」だった場所である。赤い看板に店名、壁に手書き風で書かれた能書きの数々。そして数種類の味噌ラーメンのメニュー名…。過日やはり市原市のとん太跡地に出来た「旨家」というラーメン店に酷似している。気になって調べたところ、やはりラーメンとん太や千成ラーメンを展開する「秀穂(しゅうすい)」の新業態「フリーネーム事業」のようだ。これはオンデマンド方式というか、数あるメニューから
任意でメニューを構築したり、店名をオリジナルでつけたりといったスタイルのFC。以前からとん太などはその店限定のラーメン名をつけたりしていたので、その拡大版といったところだろうか。いずれにしても県内のとん太や千成が、今後どんどんこのスタイルになりそうな予感がする。

 この店で気になったメニューは「黒コク味噌」というラーメン。これ自体は前述の「旨家」にもあったし、別段珍しいモノではなかったのだが、「黒麺」というポップにひかれてしまった。「次世代食品原料食用炭使用」ま、ここまではいいとして。「遠赤外線効果で新陳代謝が活発に」「脂肪酸など摂り過ぎた栄養分を吸収除去」えーっとこういうのって「薬事法違反表記」じゃないのか?(笑)ま、要するに炭を練り混んだ麺だということらしい。製麺所泣かせの麺ってことだ。

 ラーメンは炒めた野菜が入っていて、八丁味噌が効いたスープにニンニクフレークが浮いている。さすがというか普通にまとめてあるメニューだと思う。で、問題の「黒麺」であるが、確かに真っ黒い麺であった。麺を持ち上げた時のビジュアルショック。しかし実際の食感としてはちょっと肩透かしというか、茹で加減もあるのだろうが、ふわふわしたようなコシのない、弱々しい麺であった。面白いメニューだとは思うが、そこらへんがちょっと残念。(Ricky)

2005.9.16