拉麺店情報

らーめん華小屋四街道店


らーめん華小屋四街道店

ジャンル
味噌

基本メニュー
味噌(550円)

場所
四街道市栗山862-1

電話
043-424-8758

営業時間
11:00〜24:00(2/14は11:00〜15:00,17:00〜20:00)

定休日
当面は無休

アクセス
東関東自動車道「四街道」インター下車。県道64号線との丁字路を右折し四街道市街方面へ。県道沿い右側。駐車場あり。


 八日市場で絶大な人気を誇るラーメン店。それが「らーめん華小屋」である。松戸の「らーめん寺子屋」1期生の崎山氏がいるラーメン店としても知られている同店が、華小屋名義では初の支店(らーめん寺子屋五香さくら通り店も同店の経営)を、なんと「千葉拉麺通信指定強化地域」四街道にオープンさせた(パチパチ)。場所は以前「とん太」や「千成」があった場所で、つい先日までは「麺屋葵」があったところ。東関道四街道インターに近いロケーションである。この日は関係者向けのレセプションで一足早くラーメンを試食。

 この店の基本メニューは、八日市場も五香も「味噌」なのである。で、その「味噌」(550円)であるが、濃厚な味噌スープに中太縮れ多加水麺、そこに中華鍋で振られた野菜が乗る。オーソドックスでシンプルな味噌ラーメンは、シンプルすぎてやや単調に感じてしまう。これは四街道オリジナルの「ごま醤油」でも同様で、要するに具が炒めた野菜しかないところに問題があるのではないかと思う。チャーシューであるとか、メンマであるとか、他の具が何かあればまたリズムが出来そうなものだが、ひたすら麺、スープ、野菜というところが厳しいのかも。ちなみに「ごま醤油」のごまというのは胡麻油のこと。

 そうかと思えば「中華」(570円)は基本の「味噌」などと20円しか違わないのだが、その内容の差に驚かされる。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、なると、味玉半個(写真は1個入れ)と、ボリュームも十分。麺は中細縮れ麺で、スープは濁り気味の醤油味なのだが、動物系素材の他に節系や煮干し系のいわゆる魚ダシが加わっている。このスープも悪くない。550円のラーメンと較べると明らかにこちらのメニューの方がCPがいい。うぅむこの価格設定が今一つよく分からない。おすすめは間違いなくこの「中華」だと思う。

 ラーメン以外の一品メニューやお酒のつまみなども豊富。玩具つきのお子さまラーメンなどもあって、ラーメンフリーク相手というよりも、ファミリー層をターゲットにしたメニュー構成である。ぜひ頑張ってヨツカイダーのハートをゲットしていただきたい。(Ricky)

2005.2.12