麺屋八角


麺屋八角
外観(14.6.17)
麺屋八角 らーめん
麺屋八角 らーめん野菜
らーめん(14.6.17)
らーめん野菜葱増(14.6.26)

所在地 市原市ちはら台南2-1-12
電話 0436-76-7006
営業時間 11:00〜16:00,17:00〜22:00
土日祝11:00〜22:00
定休日 なし
アクセス 京成千原線「ちはら台」駅東口(出入口1)下車。ちはら台駅入口交差点を左折、道沿い右側。駐車場あり。

大きな地図で見る



 市原市内に二郎系が出来たと聞いたので昨日伺いました。みんながうどんうどん言うのでうどんのイメージをかなり想像していましたが、麺がきしめん状できしめんよりも太いのですね^^; そしてどこでも手際の悪さが指摘されていましたが見ていて納得。オープンして大分立ちましたがまだまだといった感じでしょうか^^; 注文は入口入って直ぐ左にある食券機で買い、各席に設置してある用紙に麺の量・野菜の量・葱の量・ニンニクの有無・追加トッピング等を書き入れ食券と一緒に出す方式。席は正面カウンター席が6席とカウンター横からトイレに行く途中にテーブル席?がありそう。

 注文は入口入って直ぐ左にある食券機で買い、各席に設置してある用紙に麺の量・野菜の量・葱の量・ニンニクの有無・追加トッピング等を書き入れ食券と一緒に出す方式。席は正面カウンター席が6席とカウンター横からトイレに行く途中にテーブル席?がありそう。画像は醤油ラーメン(麺の量ふつう・野菜増し・葱増し)麺の茹で加減はデフォ。麺の堅さは注文時に出来るかは不明。

 食べた感想は見た目は二郎系だけど例えるならば味は東京豚骨一代に近い感じ。醤油味噌共に頂きましたがどちらもスープの上部に豚の脂が凄すぎて飲んでもその豚の脂の甘さが強すぎて飲むのを止めてしまう。スープの温度も低すぎて野菜を増すと更に悪化してしまったし、スープ自体の味も最後の方は薄くなってしまった。卓上に設置してあるラーメン用のたれ?があるが使っても・・・チャーシューじゃない所は面白いかも。元々スープ自体の量も少ないのでもっと増やせばと思ってしまった。麺の量も少ない。二郎系だと思わない方が良いかも^^; 駐車場は店正面ではなく、同じ敷地内にあり3台まで停められるみたいです。(六連星)

2014.6.26


Check

 ちはら台に14日オープンした新店をオープン3日後に訪問してみた。こちらは同じ市原市内の某ラーメン店のネクストブランドで、本店とは異なるガッツリ系というコンセプトになっている。メニューは「らーめん」790円と「みそらーめん」820円があり、それぞれに「小ぶたらーめん」+190円「大ぶたらーめん」+380円のバリエーションがある。麺、野菜、ネギなどの増量やニンニクは無料で「麺ドカ盛り」は+100円。麺は自家製麺なのでこういう価格設定になっているのだろう。そこらへんのオーダーは一蘭のようにオーダーシート方式になっている。

 出て来たラーメンは二郎系というよりも、二郎の肉そばバージョン的なビジュアル。ぶたはいわゆるチャーシューではなくて豚バラを煮たもので、ノーマルの量でも肉はかなり多め。スープは豚骨ベースの白湯とのことだが、油分がかなり高くカエシが弱めなのでここらへんは今後バランス調整が必要かもしれない。野菜はモヤシとキャベツ、薬味は刻み葱でノーマルだといずれも盛りはおとなしめ。麺はきしめんのような平打ちの自家製麺で、しっかり茹でてあってコシもあり若干スープを弾くきらいはあるけれど、個人的には嫌いな麺ではない。しかし二郎系やガッツリ系を期待している人からするとちょっと肩すかしを喰らうかも。麺の量はデフォルト160gとガッツリ系にしては比較的少なめなので、麺をたくさん食べたい人は増量した方が良いだろう。

 ちなみに私が行った時はスタッフ一人で回していたので回転はかなり遅かった。麺や野菜などの増量も無料だが、まぁそこを含んでの790円だとしたら、デフォルトオーダーの人はやや割高に感じかも。しかし、オープンして間もない店であるし、本店のポテンシャルは十分分かっているので、今後も定点観測しようと思う。(Ricky)

2014.6.17