関東風とんこつらーめん五衛門山王店

外観(07.1.11)

ラーメン(07.1.11)

基本メニュー ラーメン(650円)
所在地 千葉市稲毛区山王町149-5
電話 043-424-4551
営業時間 11:00〜翌2:00
11:00〜翌2:00(金土、祝前日)
定休日 なし
アクセス JR総武本線「四街道」駅北口下車。駅前県道66号線を国道16号方面へ直進。六方町交差点を右折。道沿い左側。駐車場あり。

 千葉市稲毛区に昨年末出来たばかりの新店である。住所的には千葉市稲毛区だが、立地的には四街道市に隣接しており、最寄り駅も四街道となる。市内局番も四街道と同じ、いわゆる山王エリアとよばれるところである。この「関東風とんこつらーめん五衛門」という店は、鎌取の人気店「とんこつらーめん一代」でノウハウを学んだ方が茂原で開業した店で、現在は茂原と東京平井に店鋪を持っている。以前千葉市中央区にも出店したことがあったが、現在は撤退しておりこの山王店が3店鋪目ということになる。

 店の前には駐車場が完備されていて、多分10台くらいは停められるであろう大きなスペース。その奥に店鋪がドンと構えている。店はストレートカウンター2つ(L型的な配置)に4名用のテーブル席が4卓と十分すぎるキャパシティ。住宅街のまん中にあるという立地からしても、家族連れが入りやすい雰囲気になっていていいと思う。スタッフは揃いのTシャツを来て忙しそうに動き回っている。このキビキビ感も悪くない。

 メニューは「ラーメン」(650円)が基本で、そのバリエーション。あとは「みそラーメン」(680円)や「つけめん」(680円)もある。また通常の豚骨スープを使わずに仕上げたという「特製みそラーメン」(750円)という限定メニューなどもある。もちろん基本となる「ラーメン」をいただくことにする。

 スープは比較的軽めの豚骨白濁スープでそこに若干の節系などが加えられている。甘さを感じさせる醤油ダレの味は一代系の独特の味わい。そこに背脂がたっぷり振られていてさらに甘さを加えている。とりたてて感動するスープではないのだが、普通に旨いと感じさせるスープだと思う。そこにこれも一代系列同様の新潟めんつう製の多加水麺が合わせられている。この麺がスープをしっかりと拾ってきてこれもまた美味しい。ちょっと茹で加減が柔目なのは地域を意識しているからか、それとも茹で過ぎなのかは分からない。具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、半熟味玉。安くて量が多いのが売りの一代よりは具の盛りが少ないが、一般的なラーメンで考えれば650円という価格からも十分なボリュームだと思う。味玉が最初から乗ってくるのも一代系列の特徴だ。

 このクオリティのラーメンで、中休みなしで深夜までやっていて無休。こういう店が近くに一軒あるとありがたい、そんな店であると思う。(Ricky)

2007.1.11