拉麺店情報

麺屋源徳【閉店】


麺屋源徳【閉店】

ジャンル
醤油

基本メニュー
淡口醤油らーめん(650円)

場所
市川市行徳駅前1-21-13

電話
不明

営業時間
18:00〜深夜1:00

定休日
水・木

アクセス
地下鉄東西線「行徳」駅下車。行徳バイパス(県道6号)へ。県道を右折、県道沿い右側。


 県内有数のラーメン激戦区、市川行徳バイパス沿いにまた新店が誕生した。派手なネオンが目を引くこの場所で、目立つものといったら白い提灯のみと、油断していると一瞬通り過ぎてしまうような落ち着きをみせる店である。市川方面からだと行徳駅に入る交差点の手前左側である。ちょうど店の対面にコインパーキングがあるので、それも目安になるだろう。

 店は広めの厨房を囲んでL字型カウンター8席のみという、キャパ自体は小さな店だが圧迫感はない。黒い内装の和の雰囲気を漂わせた店内になぜかVAN HALENの名盤「1984」と、やはりHUEY LEWIS AND THE NEWSのヒットアルバム「SPORTS」のジャケットが飾られている。20年程前の洋楽シーンを代表するアルバムが飾られ、気分はベストヒットUSAという感じであるが、なぜか店内に置かれたテレビからは「ビューティーコロシアム」が(爆)。

 メニューは「淡口醤油」「こってり醤油」の2種。淡口と書いてあるとついつい反応してしまうのは巨人ファンの性だろうか(爆)。しかしそのベースのラーメンに素揚げした背脂が乗るのがこってり、とのことだったので今回は「こってり醤油」(700円)に味玉を注文する。作務衣に身を包んだ店主は黙々とラーメンを作る。厨房の中には小鍋が2つほど置かれており、どうやらスープを小鍋で熱するようだ。札幌ラーメンなどでよく見られるこのスタイルも、最近は色々なラーメン店で目にする機会が増えた。

 程なくしてラーメンがやってきた。麺は細縮れ麺で、食感は若干柔目ながらも及第点。スープは魚ダシがふんわりと感じられるあっさり醤油だが、こってりはかなり油が浮いている。そして背脂の素揚げしたものが数個浮いている。背脂を揚げたもの自体の食感は悪くないものの、揚げている油との相性かもしれないが、その背脂の味がどうにも馴染めずスープの邪魔もしていた。アイディアは面白いのだが、まとまりという意味ではこの脂はラーメンと合っていなかった。醤油ダレは蕎麦醤油を使うなど工夫されているようで、これならば淡口の方がいいかもしれないなと思った。

 先月28日に開店し、張り切ってしまった結果疲れが出て(笑)営業を夜のみに変更されたのだという。まだまだこれからのお店ではあるが、激戦区だからこそ頑張って欲しいと思えるお店の登場であった。★★★★(Ricky)

2003.5.2