拉麺店情報

らーめんふきゅう


らーめんふきゅう

ジャンル
醤油

基本メニュー
ラーメン(500円)

場所
千葉市花見川区花園4-18-9

電話
不明

営業時間
11:00〜14:30,17:30〜20:30

定休日
不明

アクセス
JR総武線「新検見川」駅下車。東大グランド通りを山側へ。東大グランドの交差点を左折し花見川区役所方面へ。道沿い左側。


 別に用があったわけでもないのだが、時々変な道を通ってみたくなる。それは何か新しい発見を期待するからであって、普段通り慣れない道を走ると見慣れぬ風景が新鮮に感じられる。この日この道を通ったことは偶然であって必然だったのかも知れない。吸い寄せられるようにこの道へと入った僕は一軒のラーメン店を見つけた。車の中のカーラジオでは巨人対横浜戦をやっていた。零封で負けた前夜から打線は不調のままで、この日も齋藤を前に0行進が続いていた。今日も負けるのか、そう思った時にこの店を見つけた。

 妙に細長い店はカウンター6席にテーブル4人がけが2つ。カウンターは外を向いていて窓が目の前にある。客は誰もおらず、店主は奥の厨房にいた。店の中では車の中で聴いていたのと同じ、ニッポン放送ショウアップナイターが流れていた。山田アナウンサーの妙なハイテンションと大矢明彦の冷静なコメントがアンバランスである。メニューはラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンなどが並んでいる。店の雰囲気といい、メニュー構成といい、うぅむこれはどうしたもんかと思いつつも、他に客もいないわけで、弱々しい声でラーメンを注文し、ラジオにすがるかのように耳を傾ける。

 「ゆでたまご」といいながら店主が皿に入ったゆでたまごを持ってきた、と同時に巨人の反撃が始まった。8回裏二死でゆでたまごのような横浜山下監督は好調だった齋藤を替えた。得てしてこういう時は流れが変わるものだ。そうだ流れが変わるかも知れない。単打が続き次々と点が入っていく中、厨房ではハンドミキサーの音が鳴り響いている。醤油ラーメンでハンドミキサーとは珍しい。そして押し出しがあってまた点が加算される。流れは明らかに変わった。そうだ流れは変わったのだ。そして出てきたラーメンはなぜか泡が立っている珍しいビジュアルのラーメンだった。。。

 5分後、僕は車の中で1イニング10得点という、巨人の大逆転劇をどこか寂しげに聴いているのであった。★(Ricky)

2003.4.27