拉麺店情報

博多ラーメンふくちゃん千葉幸町店


博多ラーメンふくちゃん千葉幸町店

ジャンル
博多(豚骨)

基本メニュー
らー麺(600円)

場所
千葉市美浜区幸町2-24-1

電話
043-244-8036

営業時間
11:00〜24:00

定休日
無休

アクセス
JR総武線「西千葉」駅西口下車。国道14号上り線沿い。ヤングボウル1階。駐車場あり。


 もうずいぶん昔に、一度か二度は来たことがある店、それがふくちゃんであった。千葉だとこことららぽーとにあるのを記憶しているが、久々に店の前を通った時に入ってみようと思った。というのも、あまりいい印象を持っていなかったので、それの再検証をしようと思ったのである。この店のどこに?があったのか、自分ではもう忘れてしまっていたのである。この店がある建物にはヤングボウルがあり、一時ボウリングにはまった頃によく来た場所である。以前は隣りにパチンコ店があったが、今は別の店になってしまっている。

 店はテーブル中心で広く、夜遅くにもかかわらず人が結構入っている。国道14号沿いで駐車場もあるので、入りやすいのかもしれない。博多ラーメンのセットが豊富で、ご飯物などと一緒に頼むと安くなるようだ。お腹も空いていたので、博多ラーメンのミニ丼セット(豚とろ丼)800円を注文する。

 注文するとテーブルの上に薬味関係を持ってくる。そこには紅生姜や高菜、コーンやワカメまである。自分で好きなようにトッピングが自由に出来るのだ。ふむふむ、なんと良心的な。「ゆで卵食べて下さいね」そうだ、思い出した、この店は0と5がつく日はゆで卵食べ放題なのだ。この日は20日、0がつく日ではないか。早速ゆで卵を一つ取りに行く。このゆで卵をただ食べている人が多い。ラーメンが出てくるまでの間、ゆで卵を食べて待つという算段のようだ。しかし、博多ラーメンだから出てくるのは早いだろうし、取りあえずゆで卵はテーブルの上に放置し、ラーメンが来るのを待つ。

 しかしラーメンがなかなか来ない、と言っても決して待たされているわけではなく、普通のお店と同じもしくはそれよりも早くラーメンが出てきたのは事実である。要するに博多ラーメンの平均的スピードと照らし合わせてという意味である。そして出てきたラーメンの上に玉子を乗せて、スープを啜る。へぇ、結構いけるじゃん。というか、いわゆるブタクサ系のそれではなく、一般的豚骨白濁スープのイメージってありますね。まぁ、ぶっちゃけてしまえばカップ麺の豚骨スープのような味。あのレベルを持っているので、決してまずくはない。料金から考えても悪くないのではないか。なんで僕はこの店に?を持っていたのだろうか。

 そして麺に箸をつける…、ここで全ての謎が解けた。思い出した、この麺なのだ。麺は多加水のちぢれ麺で黄色い色をしている。いわゆる中華麺なのである。博多ラーメン=低加水細麺バリカタというイメージがある中で、この麺が出てくるので拍子抜けしてしまうのでありますね。やっぱりこういうスープにはポソポソ麺が好きだなぁ。で、ミニ丼の豚とろは確かにとろとろでなかなかのものである。

 トータルバランスや営業時間、接客など、諸々考えても悪くない店である。ただし、あの麺を期待していくとがっかりする、そんな店である。(Ricky)

2003.2.20