中華そば伊達屋千葉店【閉店】


中華そば伊達屋千葉店【閉店】

ジャンル
醤油

基本メニュー
中華そば(650円)

場所
市原市五所1665-1

電話
0436-42-1153

営業時間
11:00〜16:00
11:00〜18:30(土日祝)

定休日

アクセス
JR内房線「八幡宿」駅下車。白金通り(ジョイフル本田のある通り)へ。通り沿い左側。ヤックス・パチンコ店の駐車場入る。駐車場内。


 伊達屋の塩ラーメンを食べてきました。伊達屋のある場所はなかなか解り難くて、発見出来ずに諦めた方が
多いのではないでしょうか?地元の自分も人に説明する際なかなか上手く説明できません。最寄駅は八幡宿なのですが、駅を降りて五井方面に歩いていく場合、15〜20分はかかるので車が良いと思います(まぁ紹介している本には徒歩10分とありますがまず無理)。

 国道16号線を下り、デニーズのある交差点を左折して、国道297号線へ進み、最初の信号を右折(地図にはKFCが載ってますが飛んでしまって現在は一丁という居酒屋になってるので注意)数百メートル進むとパチンコ屋さんが見えるのでパチンコ屋さんの駐車場に入ります(ボートピア迄行ったら行き過ぎです)。この駐車場、パチンコ屋さんやヤックスやら周辺お店と一体です。この駐車場の一角に伊達屋はあります。

 さて前置きが長くなってしまいましたが、この伊達屋の塩ラーメン、地鶏(徳島コーチン)のガラにトビウオ等を加えたスープに沖縄産の天日塩がマッチした逸品です。具は、大ぶりの豚の肩ロースチャーシューに、三つ葉、メンマ、海苔(具は中華そばと同じ)。麺は、伊達屋特製の手打ち麺。細めの麺でつるつるした食感と麺自体の旨みがあります。

 皆さん市原にお寄りの際は立ち寄ってみてはいかがでしょう?(lucky)

2004.6.21


 市原に所用があり、その帰りに未食であった伊達屋に寄った。今日は一人である。このあたりの地理はよく知っているので夕暮れ時ではあったが迷わず伊達屋を見つけることができた。ご存知のように店のただならぬ外観から、きっと旨い中華そばを食べさせてもらえると大いに期待してのれんをくぐった。

 デフォルトの中華そばをオーダー。早速そのスープを味わう。う〜ん。う〜ん。むむ....実は昨晩、「たまにはちらし寿司が食べたい」などと自分が言ったものだから、今夜は家ではちらし寿司をつくってくれているのだ。だから、伊達屋に寄るかまっすぐ帰るか少し迷ったのである。

 しかし、伊達屋に寄ってよかったぁ〜。口の中が幸せいっぱいなどという言葉でも表現しきれないくらい旨いスープだ。中華そばと言うが主役はまさにこのスープである。麺も薄味のチャーシュウもメンマもネギも三つ葉もみんなこのスープを引き立てる脇役にすぎない。

 麺について少し触れる。「自慢の地鶏玉子入りの麺ということだが、しこしこして麺もなかなかいける」と書きたかったのだが、これは推定。なぜかと言うと、少し茹で加減が過多めであった。もうすこし固めに茹でてもらうと推定ではなくなると思う。

 大ロースチャーシュウというのが数量限定とのことであり、本日は完売という貼り紙。ご主人らしき方に休みの日は何時頃来れば食べられますか?と聞いたのだが、「日によって違うなぁ〜。う〜ん、大ロースの数も日によって違うしぃ〜、う〜ん。」との返事。こういうラーメン店のご主人は好きだなぁ。この余裕、大好き。もし、伊達屋のような店のつくりで、味がよくて、結構混んでて、店の主人が鉢巻きして怖い顔してさっきのような質問などしようものなら、「内の大ロースは毎日○○食。それが何時までなら売り切れないなんて約束できないよ。」と言い返されるような人だったら、わたしはたぶん2度とその店には行かないでしょう。ああよかった。伊達屋にはまた行きたい。(ちゃんちゃこ)

2001.9.24


 「地鶏を使ったラーメンの美味しい店がある」とのMきょさんの情報があり、会議室で話題になった新店である。5月に開店したばかりのお店へ早速行ってきた。

 場所は五井、白金通り沿いのパチンコ店の駐車場敷地に面したところで、大通りからはほとんど発見は不可能である。しかしよく見ると通り沿いに「伊勢屋入口」との真っ赤な幟が立っている。パチンコ店の駐車場に入っていくとすぐ見つけられるであろう。店の外観を見ると「さくら家」系の銘木の手作り看板が。これは正しく地鶏ラーメン研究会の店である。ここから巣立った店には「政宗ラーメン@幸手」「めんじゃらけ@菖蒲町」 「香生屋@豊川」「伊達屋@福島」などがある。

 お昼時をちょっとすぎたあたりに入店。先客は一名。早速デフォルトの「中華そば」を注文する。揃いのTシャツに身を包んだご夫妻(だろうか)が、テキパキと動いていて好印象。

 程なくしてラーメンが到着。麺は自家製の生麺とのこと、十分にコシがあって味わいも柔らかい味わい。伊達産地鶏の玉子を使用した麺で、麺の旨さを堪能できる麺、といったところだろうか。スープは澄んだ醤油スープで、徳島コーチンを使用したスープなのだそうである。一口目はインパクトもなく甘いスープだな、と思って飲み進めると、どんどんと口の中に旨味が広がっていく。さらっとした口当たりでありながらも奥が深く、滋味が感じられる旨いスープである。鶏臭さも全くと言っていいほど感じられない。このスープのベクトルは同じ五井にある「シャモラーメン」に通じるモノがある。そして具は知多半島産黒豚を使用したチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、そしてスープの表面には三つ葉が散らされている。このチャーシューが絶品であった。柔らかく味わいもいい塩梅で、スープを殺さない逆に引き立てる味わいになっている。

 他にも気になるメニューが山ほどあって、これはちょっと定点観測間違いないお店の登場となった。今後が益々楽しみである(Ricky)

2001.5.22


 昨日二日連続で行ってきました。お店の中にあるチラシには「11:00〜22:00頃」となっているのですが、お店の外側に向けて貼ってある紙には何故か11:30〜22:00となっています。どちらがホントか分からないんでご注意下さい。

 昨日は赤味噌ラーメンを食べてきました。地鶏スープとの合わせ具わいに興味津々だったんですが、味噌は少なめでスープの味を殺してはいませんでした。ちなみにスープの色は赤くありません。(房総らーめん)

2001.5.21


 大ロースチャーシュウメン塩(950円)を、いただきましたが、ホント、「大」チャーシュウなの(笑)コレは、迫力!名前に偽りなし、伊達じゃないっす!でもって、柔らかくって、歯ごたえもあってとにかく、ウマイ♪

 チャーシューだけでなく、麺もスープもいけます。たぶん、市原五井界隈では、地鶏・あじゃりと並べて遜色なし!ってカンジじゃないですかね??(きた)

2001.5.19