拉麺店情報

横浜家系千種家


横浜家系千種家

ジャンル
豚骨醤油(家系)

基本メニュー
ラーメン(650円)

場所
千葉市花見川区千種町77-10

電話
043-250-8501

営業時間
11:00〜22:00
11:00〜14:00(月)
11:00〜24:00(金土)

定休日
第2月(祝の場合は第3月)

アクセス
東関東自動車道「千葉北」インター下車。国道16号を柏方面へ。千葉北警察署前交差点を左折。道沿い右側、駐車場あり。


 ここのところ家系行脚を続けている私、久々にこの店を訪れた。今度来るときは鶏ベースの中華そばを、と思っていたのだが、やはり豚骨醤油の方を選んでしまった。しかしそうすることで、結果としてこの店の味の変化が分かった。当初感じたカエシ前面タイプよりも、スープの方が主張し始めているような味わい。濃度もけっこうあって、けっこうヘビー級のスープになっている。その分以前感じたような九条ネギの面白さは減ってしまっている。いずれにしても、より濃くなっているラーメンは濃度が出ている家系好きの方にはお薦め出来ると思う。(Ricky)

2003.11.5


 久々に家系の新店が出来る、ということで開店日に行ったものの、スープ切れで振られこの日のリベンジとなったわけである。場所は花見川区千種町、千種町商店会の一角にある。以前もラーメン屋さんだったところで、居抜きで使っている様子である。この場所は鉄道の便が悪く、最寄り駅は京成八千代台なのか大和田なのか、JR四街道なのか、はたまたモノレールのスポーツセンターがいいのか、あるいは稲毛からバスなのか。ま、車で行けっちゅう話なのですが。車なら国道16号千葉北警察の交差点を入って直進なので分かりやすい。

 駐車場は10数台分あり車で行きやすい。お店の屋号の何倍もある大きな文字で「らーめん!」と書かれている。白い暖簾をくぐると中は一見喫茶店風、テーブル14席カウンター7席。入口に券売機があるのでそこで注文をすることになる。この店は埼玉東岩槻の人気店で、吉村家出身の「石川家」で修業されたとか。確か宇都宮の元町家なども石川家出身である。この石川家は豚骨醤油(いわゆる家系)とあっさりの中華そばを出す店として知られている。確かにこの千種家にも家系、中華そばの2つがあった。バリエーションとしてはつけ麺なども。やはり初回は基本の「ラーメン(家系)」を注文してみることにする。味の指定もデフォルトを試してみる。

 テーブルにおかれている蘊蓄に目を通しつつ、厨房の動きを観察。ご主人と奥様、それに中年女性の3人でお店を回していた。ラーメンは全てご主人の作業。振りざるを使用しているようである。蘊蓄によると、家系スープは鹿児島産豚骨に野菜類、日高昆布、青森田子ニンニクなどを入れて作る。また1日150食限定の中華そばは、比内地鶏をベースに使ったスープと、素材から何から石川家と全く同じである。麺も石川家同様に家系には酒井製麺、中華そばには埼玉桶川の丸富製麺を使い分ける。厨房に2種類の麺箱が積まれていた。

 ほどなくしてラーメンが到着。やはりまず目を引くのはトッピング。家系お約束のホウレンソウがなく、代わりに京都直送の九条ネギである。そして大振りのチャーシュー。スープを啜ってみると醤油のかえしが前面に出てくるかなり刺激的な味わい。かといって骨の旨味が見えないわけではなく、しっかりと豚骨も出ている骨太スープだ。鶏油は少なめだがいい甘さを加えている。敢えていうならばニンニクの味わいがちょっと前に出過ぎているかな、というくらい。骨太なのだがあっさりした後口を残す、独特なスープである。九条ネギが意外にいいアクセントになっている。麺は酒井のストレート、多少固めの仕上げ。酒井の麺はもう少し茹でてもいいかも。

 家系ラーメンは600円、という妙な固定観念があるので650円は高いかな、と一瞬思ったが、確か石川家も650円。修業先の通りなのだから仕方ないか。今度は中華そばを食べてみよっと。要定点観測。★★★★(Ricky)

2002.4.12


 私も行きました。トリガラJrさんと同じ時間帯にいたみたいですね。食券ですが「中華そば」「らーめん」とあるのですが、私は横浜ラーメンを頼んだつもりが、あっさり味の方を持ってきたのですが、(私が食券を実は買い間違え)横浜ラーメンを頼んだつもりだったと言ったら、もう1種類作ってくださいました。おかげで二種類同時に食べる事が出来ました。でも食券を購入する際は気をつけましょう!

 家系ラーメンは、埼玉の石川家直伝なのだそうで、ほうれん草は入ってません。トッピングでメンマなど頼めるようになっていますほうれん草の代わりに緑の九条ネギ入りです。鹿児島産豚骨、日高昆布、台湾産鶏がらを使ってるのだそうです。決め手は自家製フルーツジュースだそうです。チャーシューはちょっと分厚めの肩ロースかな?(バラかも?でも脂身は多くない)。スープは少ししょっぱかったけど美味しかったです

 さっぱり味中華そばは、ちぢれ麺で、結構伸びやすいかも?(1日150杯限定です)。スープは前沢牛骨、岩手産ホタテ、台湾産ガラ、赤城産生椎茸、青森田子産ニンニク。決め手は火加減なのだそうです、あっさり目ですがちょっと塩から目の薄口醤油味って感じです、結構生姜味が効いてました。

 車もとめやすいしまた行きたいですね(kobuta)

2002.4.10


 さっそく千種家行って来ました。12時を少し回っていたので並ぶ覚悟でしたがあっさりと入れました。が、途中からかなり込んできて食べ終わる頃には数人の列ができてました。

 メニューの基本はラーメン(こちらが家系)と中華そば(こちらはあっさり味、限定150食)。「ラーメン」の食券を買い、油多め、麺固めでたのむ。まだ慣れていないのか、客数の割にはサーブされるまで多少時間がかかった。

 家系にしては小さめのドンブリだけどダイエット中の私にはいい感じ。味はスープもチャーシューも多少しょっぱい気がしたけれどもそれ以外はGOODでした。小さめのドンブリということもあり、スープまで飲み干してしまいました。

 この場所にあった前の店が今ひとつだっただけに疑心暗鬼で行ったけれども、なかなか満足して帰ってきました。(トリガラJr)

2002.4.10