ちゃあしゅう屋野田店


ちゃあしゅう屋野田店

ジャンル
豚骨(ちゃあしゅう屋支店)

基本メニュー
醤油ラーメン(580円)

場所
野田市横内42-14

電話
0471-26-3355

営業時間
11:00-翌3:00

定休日
なし

アクセス
東武野田線「野田市」駅下車。県道46号線を国道16号方面へ。国道16号線を左折(埼玉方面)。道沿い左側。徒歩難。駐車場あり。


 会議室への投稿を受けて、たまたま埼玉に用があったので帰りに寄ってみた。国道16号沿い、ジャスコの大きな観覧車が目立つあのあたりである。柏方面から埼玉方面へ向かう内回り側に、その店はあった。すぐ近くには和ぐるめやレッドロブスターなどのファミレスが林立している。

 さすが国道沿いということだけあって、駐車場はファミレスなみにある。郊外にある土産物屋さんのような外観の店舗は、看板を見なければラーメン店とは分かりにくい。日曜の夜ということもあったが、店は満員で5名程の待ちがあった。入口で名前と人数を書いて待つことに。見るからに大資本の臭いの感じる店である。店の中には「直営6号店」の文字が。どうやら他に少なくとも5軒は存在するらしい(笑)

 待ってる間にメニューが置いてあるので、じっくりと拝見。ちゃあしゅう屋という名前だけあって、チャーシューにこだわりを持っているとの能書きが書かれていた。その自慢のチャーシューは「炭火焼き」「厚切り」「骨付き」の3種類。基本のラーメンにこれらのチャーシューで好きなモノを選ぶようだ。そしてそのベースとなるスープは4種類で、「醤油」「味噌」「豚骨」「ごま」である。お店のお薦めと書かれていた「豚骨」と「ごま」をベースに、「豚骨厚切りチャーシューメン」(890円)と「ごま炭火焼きチャーシューメン」(900円)を注文する。そして「味付玉子」もトッピングする。

 店は小上がり28席、テーブル30席、カウンター10席となかなかの広さである。そこをフロア2名厨房3名で回している。全員アルバイトだろうか、学生らしき若い人達である。しかし彼らの接客や仕事ぶりはなかなかで、機敏に動いているのが好印象。開店早々ということと、学生だということで、多少ぞんざいな部分や段取りが悪い部分もないことはないが、許せる範囲であった。そのうちにすり鉢と胡麻を持ってきて置いていった。どうやらごまラーメンに入れるらしい。

 そんなに待たされることなくラーメンが登場。麺はよくある柔らかめの中細縮れ麺。スープは豚骨は多少醤油がかった味わいでダシの味わいや旨味というよりも、タレで喰わせている印象。具はどちらにも野菜を炒めたものが乗っているが、これはよかった。厨房をよく見るとバイトのお兄ちゃんが中華鍋と格闘している。これはチェーン店なのに頑張っている印象。またごまラーメンはごまテイスト香るスープを期待したのだが、要は味噌ラーメンに唐辛子と胡麻を加えた担担麺のベクトルを持つラーメンであった。自慢のチャーシューはどちらもこれといって特筆すべき点はなし。

 ラーメンを食べ歩いてああだこうだ言っている人達(私達のことですね)にはお薦め出来ないが、市井の人達にはまぁ勧められるお店。ビールはブラウマイスターの研修を受けているようで、家族連れで行くにはいいのではないか。★★★(Ricky)

2001.8.26