房総らーめん(閉店)

外観(07.10.30)

ちゃーしゅうめん(07.12.17)
ちゃーしゅうめん(08.1.18)

もりそば(06.9.28)

基本メニュー しょうゆらーめん(550円)
所在地 市原市八幡1060
電話
営業時間 11:30〜21:00
定休日
アクセス JR内房線「八幡宿」駅西口下車。ロータリー左側の道を直進、丁字路を右折しすぐ。

 今日行ってまいりました。一般的な竹岡系より、醤油があっさりしているので大変食べやすかったです。自分はあの毒々しい濃い醤油が苦手なもので・・・。チャーシュー、煮玉子、玉ねぎもおいしかった(^o^)/あのおいしいチャーシューでチャーシュー丼をメニューにしてほしいな。またお邪魔します。(ラーメンマニア)

2008.1.28


 行ってきました。麺は普通でいったのですが、自分的にはカタメがベストです。スープは濃い目でちょうどよいですね〜。タマネギは生だったのが残念。軽く炒めてもらえると甘みもでてよかったのだがチャーシューと味玉はメッチャ美味かった(^^)味玉50円もかなりお買い得。ただ、味玉は半分に割られた状態で出されたので、中身だけスープに落ちちゃった(><)味玉はそのまま出して欲しい。(市原市)

2008.1.14


 「もりそばちゃーしゅうめん」(700円)と「ぎょうざ」(300円)を食しました。うん、「もりそばちゃーしゅうめん」は想像通りの衝撃的な(笑)ビジュアル。竹岡がそのままつけ麺に。麺はツルツルのモチモチでなかなかの食感。スープが薄かったら言ってくださいね、というお母さんの言葉に甘えて(本当にお母さんという言葉がぴったり)濃くしてもらったところ、ちょうど良い感じに。うん、うん、つけ麺はこれくらい濃くないと。玉ねぎももう少しあるともっと面白くなるんだけどなあ。ちゃーしゅうは肉厚のとろとろでうまい!多分市原ではぶっちぎりNO.1です。スープ割りありますか?と聞くとお湯を出してくれました。

 餃子はもしかしたらワンタンメンの具になるワンタンを焼いたものかもしれません。焼き上がりの見た目はくしゅくしゅで正直よくないけれど、食べるとこれがいい!薄い皮がぱりぱりして、でも口の中で皮が溶けていく感じ。じゅっとでてくる肉汁とシソの良い風味。

 総じて、なんか面白い感じのお店です。しみじみとした雰囲気。優しいお母さん(席に座ると新聞を持ってきてくれたり、餃子を食べようとすると調味料を並べてくれたり)。アットホームというよりは、なんかひっそりとした小宇宙のような空間。今度はワンタンメンを食べてみよう。(たもつ)

2007.12.22


 ようやく行けました!ずばり「ぐうらーめん@東金」インスパイア系ですね。インスパイア系なので、結構ご主人の手が入っていて、通常の竹岡式ラーメンとは違う要素がいろいろと詰まっていました。

 僕的にはかなりヒットでした。竹岡系のラーメン屋さんのなかでもかなり色々と凝ったラーメン屋さんのように思われました。麺もかなりタフな食感です。

 チャーシューは半端なく美味しいです。「ちゃーしゅうめん」(750円)の肉はたまりませんでした。トロトロですごい柔らかかったです。夜の方が美味しいんだそうです。。(kei)

2007.12.18