拉麺店情報

らーめんぶぅ千葉中央店【閉店】


らーめんぶぅ千葉中央店

ジャンル
豚骨(ぶぅFC店)

基本メニュー
ぶぅらーめん(590円)

場所
千葉市中央区富士見2-21-12

電話
043-202-6535

営業時間
11:30〜翌3:00
11:30〜22:00(日)

定休日
なし

アクセス
京成線「千葉中央」駅下車。ロータリー左をパルコ方面へ直進。最初の丁字路を左折、道沿い右側。北京亭向かい


 なかなかぶぅもここでは苦戦しているようで、その一つの理由がメニューの少なさにあるようだ。確かに深夜に訪れるお客さんからすれば、醤油ラーメンや味噌ラーメンも食べたいと思うだろう。そんな中でこれまで白濁一本だったメニューに、豚骨醤油ラーメンが加わった。

 ビジュアル的には具が大分変わっている。ネギは万能ネギから長ネギに、海苔も岩海苔から普通の焼き海苔になっている。そして何よりも行者ニンニクが乗っていないのは非常に残念。相性はあるのかもしれないが、ぶぅらーめんが独特な具が乗っているだけに、こちらはずいぶんと寂しく感じてしまう。そして麺がどうも浮いてしまっていて、これこそ相性があるだろうにと思ってしまった。そして表面に浮いている油は、どことなく「むつみ屋」を想起させる味と香りがしてしまう。個人的には普通のぶぅらーめんの方が現段階では好みだな。★★★(Ricky)

2003.11.13


 むつみ屋を展開するハートランドの新業態のラーメン店である。県内では鴨川に続いて2軒目の出店となる。メニューはむつみ屋と異なり豚骨一本である。むつみ屋の竹氏曰く、いわゆる豚骨ラーメンに対する自分の不満な部分をこのラーメンで解消したのだとか。このラーメンのベースになっているのは、昨年末に放映されたテレビ番組「ラーメンカップ」で作った作品「北のとんこつラーメン」。先日稲毛海岸の拉通で行われたイベントで出した「豚麺」とも基本的な方向性は同じのようだ。

 ベースは白濁豚骨スープで、鶏・昆布・煮干・野菜などを合わせたWスープ。ちょっと塩分が強めに感じられた。表面には鶏油を使った香り油が浮いているが、それは千葉中央のオリジナルアイディア。具はチャーシュー、岩海苔、ネギなどで、特筆すべきは行者ニンニクの醤油漬。これ、ご飯欲しくなるなぁ。麺は極細麺で茹で加減食感ともに申し分なし。

 気になるのはメニューの少なさだろうか。やはりむつみ屋と比べると選択肢があまりにも狭い。事実豚骨しかない、ということで帰っていくお客さんも数名いたし、むつみ屋じゃないと分かって帰っていく方もいた。昼の増田家、夜の北京亭がこのエリアの両雄。果たしてぶぅは勝負出来るのか、見物である。★★★(Ricky)

2003.8.4