博多屋台らーめんバリうま蘇我店(閉店)


博多屋台らーめんバリうま蘇我店(閉店)

ジャンル
豚骨

基本メニュー
らーめん(600円)

場所
千葉市中央区川崎町51-1フェスティバルウォーク蘇我2F

電話
043-208-5501

営業時間
11:00〜21:00

定休日
フェスティバルウォークに準ずる

アクセス

JR内房線「本千葉」駅下車。国道357号線を左折し直進、寒川町2丁目交差点を右折し正面。駐車場あり。

蘇我駅西口よりハーバーシティ蘇我無料巡回バスで「フェスティバルウォーク前」下車。


 4月27日に都市計画の第1弾となる3店舗がオープンした「ハーバーシティ蘇我」。SEGAが運営する「フェスティバルウォーク」のレストラン街に「牙」と共に入ったのが「バリうま」だ。博多の天馬という屋台が展開するチェーン店のようで、テーマは「博多屋台街」。ラーメンのみならず、焼き鳥やおでんなどの屋台メニューが一緒に楽しめるというのがウリ。

 基本のラーメンは「博多屋台らーめんバリうま」(500円)、そして「自然食らーめんバリよか」(600円)がある。前者は博多の屋台味を再現したもので、後者は豚骨醤油味で、無添加有機大豆醤油に、全粒粉麺、野菜などが乗っているらしい。とりあえず基本となる「バリうま」を注文。

 出てきたラーメンはズバリ博多の屋台で感じた味そのままだった。麺は低加水極細麺で、もちろんバリ固で出てくる(麺の固さについては聞かれなかった)。具はバラロールチャーシュー、キクラゲ、万能ネギ、ノリと過不足なし。そしてスープは濃度が非常に低く、あっさりシャバシャバした豚骨スープ。長浜をはじめ、博多の屋台で出てくるラーメンの大半は、このようなシャバシャバしたスープなのだ。濃度はスープで高めずに、ラードなどの油で持っていくタイプ。いわゆる関東で人気の博多ラーメンをイメージしていくと、間違いなく肩透かしに合う味ではあるが、長浜や中洲の屋台の味に近いのは間違いなくこういう味なのだ。

 先に述べたように屋台メニューなども多く、「博多一口餃子」(300円)や「お子様らーめん」(300円)などもあり、家族連れで使えそうなお店だ。ラーメンを食べずとも居酒屋感覚で使えるかも知れない。(Ricky)

2005.4.26