東京豚骨拉麺ばんから八千代店

外観(07.6.18)

ばんかららーめん(07.6.18)

基本メニュー ばんかららーめん(580円)
所在地 八千代市島田台997-2
電話 047-488-0887
営業時間 11:00〜翌1:00
定休日 なし
アクセス 北総鉄道線「小室」下車。国道16号線を千葉方面に。国道沿い左側。島田台交差点手前。駐車場あり。

 駐車場が満杯で、カップル、家族連れ、仕事帰りの人と店内も大盛況。オープン初日、オープン記念の300杯限定10円効果ですかね(笑)。入り口にある券売機には、基本の「豚骨醤油(ばんから)」「秘蔵」「とんこつ」「とろみ」「つけ麺」などの大まかな分類。支那そばもありましたね。角煮や辛ねぎなどが乗っている特製的な分類でさらに細かく分かれていました。その他のトッピングとしては角煮、チャーシュー、温泉たまごなどがありました。

 まずは基本の「ばんから」(580円)を。中は、吉牛のような店員の通路がある対面カウンターにテーブル席がかなりあり、40人ぐらいは入れそうでした。そのため、店のキャパと厨房のキャパが合ってないですね。食券を店員に渡してかららーめん到着まで20分ぐらい待ちました。ただ、客の誘導、声かけ、オペレーションなどはさすが、池袋の激戦区に本店を置くだけありますね。完璧です。

 到着したらーめんのスープを飲んでみると、ちょっと甘めの濃い醤油のカエシが強い印象のスープです。背脂が大量に振ってあります。豚骨の旨みというか、濃度はあまり感じられませんでした。トッピングはチャーシュー1枚、めんま、のり1枚に刻み葱が乗っていました。麺は細麺で茹で加減はちょうどよかったですね。個人的には、もう少し豚骨の旨みというかパンチが欲しいかなという感じです。メニューの説明にあるように確かにこってりです(笑)甘めのカエシやあぶらが苦手な方にはちょっとキビシイかもしれません。

 隣の人がつけ麺を食べていたんですが、魚介豚骨との説明なのでチョット気になりました。普通のとんこつは九州系の白濁とんこつスープのようでしたので、こちらも気になりました。あ、メニューにあった「しるだく棒餃子」というのも気になりました。なにがしるだくなんでしょう?再訪してみないといけないですね。(ら〜めん信者)

2007.5.3