青竹手打らーめんありがとう屋(閉店)

外観(08.6.18)
正油らーめん(08.6.18)

基本メニュー 正油らーめん(680円)
所在地 君津市根本530-1
電話 0439-32-4334
営業時間 11:00〜20:00※麺切れで終了
定休日 不定休
アクセス 館山道「君津」IC下車。左折し県道92号線(房総スカイライン)を鴨川方面へ。道沿い右側。駐車場あり。

 以前から情報をいただいていながら足を運べずにいた宿題店の一つにようやく行くことが出来た。場所は君津インターから君津市街とは反対の鴨川方面へ向かって車で5〜10分程度か。番地ではカーナビが反応しないが、幟がいくつも立っているので気にしていれば分かるだろう。店は食堂のような雰囲気でテーブル、小上がりが多くあってグループ客に最適な雰囲気。こちらのご主人は白河で長年ラーメン店を営んでいたそうで、その後埼玉へ移転し人気を博した後に今年君津へ移転したのだそう。青竹手打ちの麺が命のため、水のいい場所でなければ店は出来ないと語るご主人。200m下から汲み上げているという君津の天然地下水は麺にもスープにも非常にいいのだそうだ。

 自慢のメニューは「正油ラーメン」(680円)が基本で、「みそラーメン」(680円)「ワンタンめん」(780円)「エビワンタンめん」(880円)などのラインナップで、他に「手作りギョウザ」(380円)というのもある。やはりここは基本の「正油ラーメン」を注文。自慢の手打ち麺は厚みも幅も不揃いで独特な食感と雰囲気を醸し出している。茹で加減は若干固めでこのエリアでこの固さが受け入れられるのかちょっと心配だが、麺の形状なども独特なので別物として受け入れられるのかもしれない。スープはすっきりとした醤油スープで薬味に刻み生タマネギを浮かべるなど房総ラーメンをイメージさせる部分もあり、ご主人に尋ねたところやはり多少この地域の味やイメージなどは意識したとのこと。具は炭火で燻製された香ばしいチャーシューがなかなか美味しく、嬉しいことにワンタンも1個ついてくる。このワンタンがかなり生姜が強い餡が入っていて存在感十分。もちもちとした皮はこちらも手作りなのだそう。あとはギョウザの皮も手作りとのこと。

 ていねいに作られた誠実なラーメンを楽しめる店。また足を運んでみたいと思わせる店である。この地域に来た時にはぜひ一度。木更津のみちのくとの食べ比べも楽しいかも知れない。(Ricky)

2008.6.18