赤坂味一

外観(00.6.17)

チャーシューメン(00.6.17)

基本メニュー 中華ソバ(500円)
所在地 船橋市湊町2-2-19
電話 047-434-4104
営業時間 11:00〜16:00
定休日
アクセス JR総武線、京成線「船橋」駅南口下車。ロータリーから国道14号まで直進。湊町2丁目の交差点を右折(東京方面)、国道沿い左側。

 このお店はずっと前からあるし、よく前も通ったりしたこともあるし、本にも幾度か掲載されているのに未食でした。理由はただ単に、「私があまり好みではない中華そば」だから。

 それでもたまにはそういうモノが食べたくなっちゃったりする事は不思議でもなんでも無いことで、まさに今日がソノ日だったというワケ。店に入った瞬間煮干しの匂いが。なんとも食欲をそそる匂い。中華そばをオーダー。煮干しの香りがするものの、ダシが強烈に出ているわけではない。麺はやや(私の基準で)柔らかい、が、気になるほどではない。それよりスープが熱い!いつまでも熱い。そのカメリアなんとかというのがそうさせているとか?口の裏ベロムケてしまいました。┐(´o`)┌。チャーシューは脂身の少ない部分で作られていて、今よくあるバラ肉&肩ローストロトロ系が好きな人にはバサバサした感がするかも。ただ、私はメンマが好きではないけれど、ここのは美味しいと思いました。変に味付けをしてなく、スープの味とマッチしているというか、いい添え物になっています。結果やっぱり私の好みではない中華そばでした。だからこそこういうオーソドックスな中華そばが好きな人には絶対口にあうのではないでしょうか。量も多いしお腹も一杯になりますよ!

 夫婦二人で切り盛りしていてほぼ満席だからか、私達が見たことない客だったからかはわからないけど、奥さんの愛想のなさが気になりました。別に丁寧に接客してなんて言わないけど、お金払った時ぐらい「ありがとう」言ってもいいんじゃないの?(おだ☆まり)

2002.8.14

 「赤坂味一」は国道沿いに位置する醤油味専門店として有名な店である。店名は元々この店は赤坂にあった店だということから由来する。味はさることながら、量も多く値段も安いことから連日大盛況を見せている店である。この日のお昼時も満席状態であった。

 店はちょっとした食堂風のレイアウト。カウンターよりもテーブル席がメインといった印象。キャパは33席とまずまずの広さ。店主夫婦とバイト1名の3名で回す。メニューを見ると「醤油味専門」と掲げてあり、「中華ソバ」「チャーシューメン」「メンマラーメン」の3種のみと潔い。また隠れメニューとしては麺を注文した人のみ頼める「おにぎり」(50円)というものもある。ここは「チャーシューメン」を注文する。

 麺は中細縮れ麺、玉子を使用した麺のようである。茹で加減は若干柔め。量が1玉半使用しているとのことで、ちょっと多めの量は嬉しい。スープはいわゆる煮干し系のテイストとは若干異なり、前面にカタクチイワシの煮干しが出てくる。この煮干しは白子町斉藤商店からの直送。鰹節、ゲンコツ、野菜類の味わいも重なる。このスープにチャーシューを煮た煮汁を加えるので、肉の旨味も十分に吸い込んだスープになっている。またカメリアラードを加えているため、スープの温度はかなり熱め。具はモモ肉チャーシューにワカメ、メンマ、なると。砂糖を使わずに醤油だけで仕上げたというメンマがお薦め。醤油はキッコーマンを使用。

 強烈なインパクトはないが、確かな実力と個性を持ったラーメン。夏と冬では暖簾の色が違う(冬は青)のと、冬の麺には香り付けの柚子が乗るというのは豆知識。駅から遠いのと駐車場がないのが難と言えば難。(Ricky)

2000.6.17