北海道らーめん味源【閉店】


味源【閉店】

ジャンル
北海道(味源系)

基本メニュー
札幌味噌ラーメン(750円)

場所
千葉市稲毛区稲毛東3-4-15

電話
043-241-5775

営業時間
11:00〜翌02:00

定休日
なし

アクセス
JR総武線「稲毛」駅西口下車。ロータリー中央を住宅街へ直進。道沿い右側、K's dream上。


 龍源@千葉富士見店オープンの際、塩を変えたとの話がレポに載っていたので、一度確かめたいと思っていたのです。我が家からは味源@稲毛が一番行きやすい場所なのでさてさて、どう変わったか味わいに行きました。店内には今日は店長さんの姿はなく、若いながらも真剣に作るおにぃちゃんがおりました。女性店員は中年女性となぜかこの店には欠かせない(笑)金髪つけまつ毛ねぇちゃんが。当然塩ラーメンを注文。壁には、「粟国の塩を勝手に使っている店」なる貼り紙が。さて、やってきました。まずスープを。

 うん、確かに変わっています。今も前も塩気という意味の味はシッカリとついているんですが、塩の口当たりがとてもまろやかです。前はどちらかというとシャープという感じ。今のはよくこなれているという感じです。ダシもよくでていてとても美味しかったです。

 食べている最中にバイトの子らしき、これまた茶髪ガングロ厚底ブーツねぇちゃんが事務所を出たり入ったり、マクドナルドの袋片手にふらふらと。をぃをぃ、クラブ活動じゃないんだからさぁ(笑)(織田マリ)

2000.11.23


 味噌及び塩を食いましたがなかなかです。他のお客サンはほとんど味噌をオーダーしていました。しかしながら最近、味噌の味が判らなくなってきました。どれを食べても同じに感じます。みんなくるまやラーメンと同じ気がしてなりません。塩ラー麺はサッポロ一番のようで懐かしさを感じました。麺の腰はそこそこあって食感はステキでした。結構しょっぱいのですが私好みです。(渋渋)

2000.6.1


 JRA正会員永澤から薦められ、この店を知ってからもう2年程になる。HP開設後は訪れておらず、久々に訪問することにした。この店は北海道ラーメンを謳っており、札幌味噌・函館塩・旭川醤油という3本のラインを揃える。基本の3種類の他に、辛い味の「おろちょん」などのメニューや、餃子などのサイドメニューも充実している。名前からも分かるとおり、ここは新宿や渋谷などに展開する「味源」「壱源」と同系統の店で、この稲毛の味源からは「龍源@千葉」「龍源@新検見川」などが独立している。

 深夜ではあったが、店内はそこそこの客の入り。カウンター席と小上がり席で構成された店内は、地下がライヴハウスという立地で、ライヴのある日はミュージシャンや客などでにぎわう。と同時に地下からのライヴの爆音で店の中が微妙に振動する。さすがに深夜であったので振動はこの日はなかった。一応基本の「札幌味噌」に「味付け玉子」をオーダーする。

 スープはもちろん豚骨ベースの濃厚な味噌味。単なる味噌味とは異なり、香辛料の辛みが口内を刺激する。そして濃厚なコク。ちなみにこのスープは伏見のスープ工場で良質の水を使用し、豚骨を十八時間以上煮込んだ物を輸送してくるため、スープがなくなり次第閉店となる。具はチャーシュー・メンマ・ワカメ・モヤシ・ネギ。モヤシとネギはたっぷりと乗り、チャーシューも美味であった。また味付け玉子は10切れ程にスライスされており、これはこれで食べやすいがスープに溶けやすいのが難点である。また小林製麺所の手による麺は、北海道特有の太めの縮れ玉子麺でもちもちとして歯切れがよい。

 パンケ系とは異なったアプローチの味噌。龍源とともに訪れて欲しい店の一つと言えよう。(Ricky)

2000.4.10