中国料理MADAME愛莉イクスピアリ店

外観(06.8.16)

黒芝麻担々麺(06.8.16)

鶏と筍の塩炒飯(06.8.16)

小籠包(06.8.16)

餃子(06.8.16)

基本メニュー 黒芝麻担々麺(980円)
所在地 浦安市舞浜1-4イクスピアリ
4FChefs' Row
電話 047-305-5754
営業時間 11:00〜23:00(LO22:00)
定休日 なし
アクセス JR京葉線「舞浜」駅下車。イクスピアリ内。4FChefs' Row。

 舞浜駅に隣接した商業施設「イクスピアリ」は、東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドの手によるテーマパーク的な要素を持ったショップモールである。TDRと同様のホスピタリティレベルを持っていて、パークから途切れることのない一体感が感じられる施設である。ディズニー好きの私としては、他の商業施設よりもこの施設を利用する率が非常に高い。そんなイクスピアリに7月末に新しい中華料理店がオープンした。それがこの「MADAME愛莉」である。海鮮料理と飲茶点心を中心に据えて、オリエンタルな雰囲気の中で楽しむ店なのだとか。

 イクスピアリ内の他の店舗同様に、落ち着きがありちょっと高級感漂う広々とした店内。120名以上は収容するキャパシティで、ほぼ満卓状態になっているのは立派。パーク帰りの家族客なども多い。メニューと一緒に箸と紙ナプキンが渡されるが、その小さな紙ナプキンを見てこの店が「際コーポレーション」の店だということを知った。「紅虎餃子房」や「万豚記」最近千葉にオープンした「ぷんぷくまる」など、中華を中心にした外食を手がける会社の新業態のようだ。メニュー構成は際グループの他店に較べると若干高めの設定ではあるが、一般的な中華店を比較対象にした場合には決して高くはない。麺類は「黒芝麻担々麺」(980円)「白芝麻担々麺」(980円)の2種の担々麺が看板メニューで、これは「ぷんぷくまる」などと同様。他の麺類は「蝦海鮮麺」(1,380円)「雲呑麺」(1,080円)「鶏葱麺」(980円)「素菜麺」(1,080円)といったところである。

 一品料理なども色々楽しんだが、ラーメンのHPなので麺類のインプレッションを。頼んだのは基本メニューの「黒芝麻担々麺」。黒と白の2種類がある担々麺だが、黒の方が辛口で、白の方がマイルドである旨がメニューに記されている。いわゆる四川飯店系のさらっとしたスープに辣油や芝麻醤などが効いたバランスのものではなく、スープとゴマが一体になったタイプのモノで、そこに山椒などの香辛料も加わっている。これはこれで悪くはないのだが、単調で後半戦にちょっと飽きがくるような気もする。麺は平打ち麺でピロピロした食感のモノで、茹で加減はちょっと固め。スープとの絡みは非常に良い。黒胡麻の粒が麺にくっついてきて、時々口の中ではじけるのが楽しい。具はチンゲンサイ、挽肉。

 数あるイクスピアリのレストランの中で考えた場合、中華はあまりないラインナップの中では、リーズナブルな価格とメニュー構成で楽しめる店であると思う。また家族連れやグループ客にも使いやすい雰囲気で、接客などのホールオペレーションも淀みない。しかし単純にラーメン好きが足を運ぶのであれば、系列店である「ぷんぷくまる」でも十分同じ味が楽しめるだろう。(Ricky)

2006.8.16