麺屋56GORO(閉店)

外観(06.12.19)

ラーメン(06.12.19)

基本メニュー ラーメン(500円)
所在地 佐倉市表町3-21-5-102
電話 043-483-3386
営業時間 11:30〜14:00,17:30〜22:00
定休日
アクセス JR総武本線「佐倉」駅北口下車。ロータリーを直進し「JR佐倉駅前」交差点を右折。道ぞい右側。

 掲示板に情報をいただいてなかなか来れずにいた店である。しかし実は一度夜に来たことがあるのだが、閉店後ということもあってシャッターが降りていてまったく見つからなかったのだ。なので昼に来て、なんだぁここかぁ、と(笑)。なんどもこの店の前を夜中にうろうろしたなぁと。今年9月にオープンしたばかりの新店である。

 元は飲み屋か何かの居抜きだろうと思われる内外観。小さなL字型カウンターに6席と、小上がりが8名分。メニューは店先にも張り出されているようにラーメンが500円という安さ。そしてそのバリエーションである。今日は「味玉ラーメン」(550円)をオーダーする。店主一人で回している店で、厨房で店主は黙々とラーメンを作っている。そして出てきたラーメンは意外といっては失礼だが、本格的な豚骨スープなのに驚いた。しっかりと濃度も油分もたくわえているこのスープは500円で出てくるスープではない。醤油のカエシなので見た目は豚骨醤油っぽいが、塩分がかなり押さえぎみなので食べている印象は白い塩味の白濁豚骨ラーメンに近いモノがある。多少のざらつき感もあって匂いもいい。個人的にはもう気持ち塩分が強ければベストバランス。麺は加水が比較的低めの細麺を固めであげてあり、九州などの麺とは違うがこれはこれでスープにあっていると思う。具はバラチャーシューに味玉、ネギが2種類。チャーシューの尻尾の部分(チャーシュー御飯によく使う場所)がおまけのように乗せてあるのはなかなか嬉しい。

 駅から少し離れているが、サラリーマンや学生などがちょろちょろと入ってくる。500円でこれだけのラーメンが食べられるならば大満足だ。お近くの方は迷わず、遠方の方も豚骨好きならば出かけてみても損はない店だと思う。(Ricky)

2006.12.19

 sakuraさんの情報を参考にして行ってみました。店の前を2〜3回うろうろし、ようやく発見。しかし、行き方は簡単。佐倉街道を佐倉警察方面へ。警察手前表町交差点左折 100M先道沿い左側、飲み屋と同じテナント。成東から千葉地区で、久々の本格九州豚骨ラーメンでした。

 30歳前後の若い店主が作り出す豚骨スープは、豚骨臭は少なめで、開店当初のまるえい@成東バリのコラーゲン濃度で、舌や唇に纏わります。塩分濃度は控えめでした。タレはベースに濃い口醤油を少量使用といった感じでしょうか。麺は低加水のボソッとした独特のものではなく、割と色々な所で食す普通の細麺でした。私はまるえいの独特の風味の麺の方が断然好みですが。しっかりと味の付いた味玉半分、バラの煮豚が乗ってきます。ニンニクがよく合うスープですが、業務用オロシニンニクだと風味が負けてしまうようです。ここは手前でクラッシュできるものの方が良いし、ゴマも欲しいですね。

 隠れ家的で、暖簾をくぐると美味い豚骨ラーメンがが隠れているようなイメージ。これは良いと思いますよ。(中世脂坊)

2006.12.3