北海道味噌ラーメン熊ごろし


外観(09.11.18)

みそスペシャル(09.11.18)
濃黒醤油麺(09.11.18)

熊ごろしつけめん(09.11.18)

基本メニュー みそラーメン(780円)
所在地 千葉市稲毛区長沼町330-50
ワンズモール2F  
営業時間 11:00〜22:00
定休日 不定休(ワンズモールに準ずる)
アクセス 京葉道路「穴川IC」下車。国道16号を柏・八千代方面へ。国道沿い左側。駐車場あり。
JR総武線「稲毛駅」より草野車庫行、こてはし団地行、「ワンズモール」バス停下車。



 リニューアルしたラーメン劇場の中でも、他とは一味違った成り立ちのお店がこの「熊ごろし」である。ここは「魂麺」(本八幡)と「麺屋青山」(成田)によるコラボレーション店というコンセプト。プライベートでも仲が良いという魂麺店主の山西氏と青山店主の青山氏が、北海道ラーメンをモチーフにした味噌ラーメンをコラボレートした。これまでも劇場内の「魂麺」や「だんらん」などで麺屋青山の麺を使ったり、イベントなどではBMWとしてコラボレーションはしてきた両店だが、常設店として二枚看板でやるのは初めてのこと。

 メニューは「みそラーメン」(780円)「濃黒醤油麺」(680円)「熊ごろしつけめん」(730円)「熊ごろしみそラーメン」(880円)というラインナップとバリエーション。北海道ラーメンを謳うだけあって、やはり味噌が看板メニューとなっている。

 「みそラーメン」はしっかりと鍋でスープを焼く札幌の製法で作られていて熱々。北海道産味噌をベースに信州味噌などをブレンドまろやかな甘みがあるスープは生姜と花椒のアクセントがキリッと立っている。味噌とは違った優しい甘さは何なのかと思えば、市川産の梨を味噌ダレにブレンドしているのだという。言われなければ梨だとは思わないだろうが、独特の甘みは味噌と良く合っていて美味しい。辛味は抑えられているが、辛いのが好きな人は「熊ごろし」というトッピングがあるのでそれを溶かすと良いだろう。油分が若干高く、味噌味と塩分濃度も高めになっているので、味噌ラーメンとしては濃い目の部類に入ると思うが、個人的にはもう少し味噌ダレを抑えてスープの味わいを立たせても良いかなとは思った。麺は中太の縮れ麺で茹で加減も食感も申し分なし。札幌味噌というイメージとは若干離れた麺ではあるが、親和性は悪くないと思う。

 また「濃黒醤油麺」はスープを焦がして作っていて、こちらも生姜が香る札幌の醤油ラーメンや五行の焦がし醤油を想起させる味わい。濃厚な色合いの割には塩分は高くなく食べやすい。サンマ節の魚粉が魚介の旨味として加えられているが、スープベースがそれほど重くないのでバランスとしてもしつこ過ぎずでちょうど良い。「熊ごろしつけめん」はこちらも魚粉を活かしたつけダレだが、昨今の豚骨魚介系のつけ麺とは異なったコクがあるのにサラッとした味わいがなかなか良かった。味噌以外のメニューもハイレベルでまとめてくるあたりはさすが人気店2軒のコラボというところか。どのメニューも美味しいのでオススメ出来る。(Ricky)

2009.11.18