ラーメン康竜(閉店)

外観(04.12.14)

自分仕立てラーメン(04.12.14)

基本メニュー ラーメン(650円)
所在地 千葉市稲毛区長沼町330-50
ワンズモール2F
電話 043-215-2340
営業時間 11:00〜22:00
定休日 不定休(ワンズモールに準ずる)
アクセス 京葉道路「穴川IC」下車。国道16号を柏・八千代方面へ。国道沿い左側。駐車場あり。
JR総武線「稲毛駅」より草野車庫行、こてはし団地行、「ワンズモール」バス停下車。

 中目黒の「康竜」といえば、「お好み表」で麺の硬さやチャーシューの有無などを記入して、特製辛ダレが乗っている白濁豚骨ラーメンと、どこかのお店に似ているシステムを導入している店である。あっちのお店が狭い仕切の中でどことなく淫靡な雰囲気で食べるのに対して、こっちの店はフツーに店員さんがラーメンを持ってくる。

 券売機の一番最初にあるボタンが「自分仕立てラーメン」(750円)。これがデフォルトかというとそうではなく、基本の「ラーメン」(650円)もちゃんとある。しかし、どこかの店同様にデフォでキクラゲが乗ってこないので、自分仕立てが結果的には得だと思う。この自分仕立てというのは、8種類あるトッピングの中から4種までを自由に乗せることが出来るメニュー。100円増しでそんなにいろいろ!と思うかも知れないが、一つ一つの量は大したことがないので、キクラゲ100円で乗せたら玉子やニンニクチップのおまけがついてきた、くらいに思っておいた方ががっかりしない。ちなみに8種類は「キクラゲ」「半熟味玉(半個)」「豚の角煮(小1個)」「有明海苔」「博多ネギ増量」「ニンニクチップ」「メンマ」…あと一個が思い出せない(^^; 私はキクラゲ、玉子、豚角煮、ニンニクチップをチョイスした。無論「お好み表」は全てノーマルで試してみた。

 麺は極細低加水ストレート麺で、茹で加減は程良い固さだった。スープは臭みのないステレオタイプ的な白濁豚骨スープ。特製の旨味辛だれは適度の量でチャーシューの上に乗っており、スープと混ざらないようになっているのは助かる。後半戦で投入すると味の変化が楽しめる。あっちもこっちもどっちも高いっちゃ高いんだけど、CPで考えれば好きな具をチョイス出来るこっちの店の方に分があるのかなぁ。(Ricky)

2004.12.14